ナイシンの市場規模、2027年に6億2450万米ドル到達予測

ナイシンの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR7.3%で成長し、2027年には6億2450万米ドルに達すると予測されています。ナイシンは、多環式ペプチドの一種で、食品用の細菌を発酵させることで生成されます。業務用では、食品の保存料として利用されており、缶詰、乳製品、肉製品などの加工食品で多く利用されています。また、健康志向の高い消費者の増加や、食品・飲料のオーガニック成分に対する意識の高まりが、ナイシンの需要を後押ししています。さらに、ナイシン市場の成長は、自然界で無害とされるバクテリオシンに対する認識の高まりによって後押しされると思われます。

先進国における可処分所得の増加に伴い、生活水準は常に変化しています。また、都市化の進展、労働人口の増加、多忙なライフスタイルなどによる調理時間の減少により、高品質で栄養価の高い食品への需要が急増しています。即席めん、乳製品、冷凍食品、ソフトドリンク、スナック菓子、エネルギードリンク、焼き菓子などは、私たちの日常生活に欠かせないものとなりました。これらの食品にも、製品の保存性を高め、品質を維持し、腐敗を防ぐために、添加物や保存剤が使用されております。このような背景からも、食品保存剤用ナイシンの需要は急増しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19終息後、新興国におけるナイシン需要のV字回復により、同市場は突出した成長率を示すと思われます。また、食品分野では、消費者の意識改革から、2021年には、持続可能な植物由来の食品への嗜好が高まっています。免疫力を高める物質を含む食品や飲料への需要が、同市場の成長を後押ししています。

市場のシナリオが常に変化しているため、企業は従来の市場を超えた成長を目指しています。食品・飲料メーカーの多くは、アプリケーションの数を増やし、最新の製品ポートフォリオを発表するとともに、国内市場のみならず、海外市場を開拓しようとしています。

市場成長の要因

消費者のクリーンラベル製品への嗜好の高まり

クリーンラベル成分への需要は、天然成分を使用した製品への嗜好の高まりと、多国籍の製造会社に対する高い支持によって牽引されます。この点から、ナイシンのように製品の保存性を高める天然食品保存料への要求も高まっています。

食品の腐敗防止

食品業界では、腐敗防止対策に重きがおかれており、加工食品の急増とともに、食品保存料の需要が高まっています。ナイシンのような有害な微生物の発生を抑制する生物学的保存料は、多くの食品や飲料製品に添加されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]