マカデミアナッツの市場規模、2027年に28億米ドル到達予測

マカデミアナッツの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR11.7%で成長し、2027年には28億米ドルに達すると予測されています。マカデミアは、オーストラリアに生息する4種の常緑樹です。現在では、米国(カリフォルニア州、ハワイ州)、ブラジル、ボリビア、ニュージーランド、マラウイ、コロンビア、グアテマラ、イスラエル、ケニア、中国、コスタリカなどの国で栽培されています。この植物は、硬い殻を持つナッツを実らせ、貴重な栄養源となります。これらのナッツには、ビタミンB6、ビタミンB12などの栄養素が含まれており、従来のナッツよりも多くの脂肪を含んでいます。

マカダミアナッツ市場の成長を促している主な要因は、マカダミアナッツの健康上の利点への認識が高まっていることに起因しています。マカダミアナッツから作られるマカダミアオイルは、消費者や企業の間で高い人気を得ています。また、労働者階級やミレニアル世代を中心に、栄養価の高いマカダミアナッツスナックに対する需要が高まっていることも確認されています。さらに、人々の間で、植物性タンパク質を摂取する傾向が高まっています。

COVID-19の影響分析

COVID-19の発生によるロックダウン、渡航禁止、事業停止などにより、経済や産業は大きな落ち込みに直面しました。工場やプラントが操業を停止したため、世界のサプライチェーンが混乱し、市場における製品の製造、納品スケジュール、販売に悪影響を及ぼしました。企業では、製品の納入が遅れ、今後の製品販売が大幅に減少することを発表しました。さらに、世界中で旅行禁止令が出されたことにより、パートナーシップの機会やビジネスコラボレーションが妨げられました。

COVID-19パンデミックの影響で、過去数ヶ月間、マカデミアの最大の生産国であるオーストラリアでロックダウンが行われたことにより、マカデミアナッツ市場の売上が減少しました。オーストラリアのマカダミアナッツメーカーは、輸出の際にもいくつかの問題に直面しました。今後、COVID-19の症例数の減少とそれに伴う規制の緩和により需要が増加し、マカダミアナッツ市場は急速に拡大すると予想されます。

市場成長の要因

マカダミアナッツの広範な利用方法

マカダミアナッツは健康に良いことから、様々な産業で広く利用されています。アイスクリームの材料、およびそのトッピング、クッキー、ビスケット、マフィン、ケーキにも使用されています。さらに、チョコレート、ヘルスバー、ヌガーなどにも使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]