冷凍ピザの市場規模、2027年に242億米ドル到達予測

冷凍ピザの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 5.4%で成長し、2027年には242億米ドルに達すると予測されています。冷凍ピザは、保存のため高い塩分を含んでおり、栄養面での問題が指摘されています。この塩分は人体に悪影響を及ぼす可能性があり、冷凍ピザ市場の抑制要因となっています。また、農村部や都市近郊の地域では、適切な冷凍設備がないことも、市場成長の妨げとなっています。今後、発展途上国におけるファーストフード店の増加や、冷凍技術の向上へのメーカーの研究開発は、市場のプレーヤーに有利な機会を提供すると考えられます。

消費者は便利ですぐに食べられる製品を好んでおり、このことが、冷凍ピザ市場の需要の基盤となっています。加えて、消費者の購買行動は、本物志向を提供する冷凍ピザにシフトしています。市場には、通常の薄いクラスト、極薄のクラスト、深皿タイプ、および詰め物のクラスト、ライズクラスト、クラシッククラスト、厚いクラストなど、多種類のピザ生地があります。さらに、健康志向の高い消費者によりグルテンフリーの冷凍ピザの人気が高まり、冷凍ピザ市場の成長を促進しています。生活水準の変化、大型小売チェーンの急増、可処分所得の増加など、さまざまな要因が冷凍ピザ市場の成長を促進しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの影響は人々にも及び、旅行が禁止されたため家に閉じこもる生活を余儀なくされました。人々は、必要不可欠な製品を購入するためにのみ外に出ることが許され、冷凍ピザなどの冷凍製品の売上が増加しました。今後、都市化の進展、欧米式食生活の需要の高まり、可処分所得の増加も相まって、冷凍ピザの売上は急速に増加するものと思われます。

市場の成長要因

ファストフード食品やパッケージ食品の需要増加

冷凍ピザ市場の成長要因として、ファストフード食品やパッケージ食品の消費が増加していることが考えられます。冷凍食品や調理済み食品は、消費するまでの調理時間が短くて済むため、需要が急増し市場の成長を支えています。

新興国におけるファストフード製品の需要増加

発展途上国では、可処分所得が増加し、顧客の購買力が高まっているため、ファストフード商品の需要が増加しています。また、これらの製品は非常に便利で、特別な準備や料理の知識を必要としません。さらに、冷凍ピザは季節を問わずに購入できるため、消費者の間で需要が急増しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]