オンライン薬局の市場規模、2027年に1,676億米ドル到達予測

オンライン薬局の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR16.4%で成長し、2027年には1,676億米ドルに達すると予測されています。 オンライン薬局とは、従来の薬局のように、非処方箋薬や処方箋薬をオンラインで販売することを指します。これらの薬局は、オンラインで注文を受け、規定の時間内に顧客に医薬品を届けます。市場の成長を促す主な要因は、医療サービスのデジタル化が急速に進んでいること、テクノロジーに精通した顧客が増えていること、世界中でインターネットが普及していることです。

さらに、オンライン薬局での医薬品購入は非常に便利なオプションであり、この新しいコンセプトに対する顧客の嗜好が高まっています。また、核家族や遠方に住んでいて薬局がない高齢の患者にとっても、オンラインでの医薬品購入は多くのメリットがあります。さらに、ヘルスケア分野における電子商取引とデジタル技術の統合が大幅に進み、市場に新たな成長の道が開かれようとしています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、世界各国にマイナスの影響を示しており、各国政府は、健康、生活、ビジネスへの影響を軽減する方法を模索しています。このパンデミックの間、各種業界は、各国政府と協力してパンデミックとの戦いに臨みました。COVID-19の影響を避けるための最も重要な対策は、社会的な距離を保ち、マスクを着用し、手指の洗浄と消毒でした。

さらに、高齢者が在宅を勧められたことで、各国政府は、遠隔医療診療ガイドラインに基づき、オンライン診療を行うようになりました。医師はデジタルプラットフォームを使って処方箋を発行し、患者はその処方箋を使ってオンライン薬局で医薬品を購入しました。このように、COVID-19の登場により、デジタルプラットフォームを利用した医薬品やその他の必須医療製品の販売が増加しました。そのため、オンライン薬局市場は今後数年間で大きな成長を遂げると予想されます。

市場の成長要因

安価で豊富な医療製品の提供

世界中の多くの患者が、薬局の店頭で入手できない医薬品の購入に、ドアステップデリバリーを提供するオンライン薬局を利用しています。また、高齢者や慢性疾患の患者にとっては、他者の手を借りない医薬品購入を実現することが出来るようになりました。さらに、人々の意識が高まりから、インターネットの普及率も大幅に上昇しています。

オンライン薬局の普及率の上昇

病院やその他のヘルスケアサービスにおける電子処方箋の導入の急増、インターネット利用者の増加、ウェブベースのオンラインサービスへのアクセスの増加などが、世界中でのオンライン薬局の普及率を高める要因になると思われます。また、電子商取引の拡大に伴い、先進国や新興国における電子薬局の顧客基盤も確立されはじめました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]