料理用ワインの市場規模、2027年に4億510万米ドル到達予測

料理用ワインの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR6%で成長し、2027年には4億510万米ドルに達すると予測されています。料理用ワインは、ブドウ、シェリー酒、マルサラ酒、米などを熟成させて製造され、スープ、ケチャップ、ソーセージ、チキン、スプリット、その他多くの料理に利用されます。また、脂肪、カロリー、ナトリウムの含有量が少ない一方で、ミネラルを多く含み、料理の風味や存在感を高めてくれます。ワインを使用した料理は、ヴィーガン以外のレシピや食事にも応用でき、さまざまな料理の味を引き立てる理想的な材料です。斬新な甘さと高い香りが人気で、グルメの好むリッチな料理との相性も抜群です。

料理用ワイン市場の成長は、従来の食文化への嗜好が変化し、料理のグローバル化が進んでいることにより促進されると思われます。同様に、ソーシャルメディアの普及により、食品、食材、調理法、料理に対する意識が高まっています。このような背景から、ホテル業界では、韓国、フランス、中国、イタリア、日本、スペイン、レバノンなど、各国の本格的な料理に料理用ワインを取り入れています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生とそれに関連する政府の移動制限措置は、アルコール消費のパターンと場所に大きな変化を与えました。製造工場の閉鎖やその他の厳しい条件により、アルコール業界ではサプライチェーンの混乱が生じています。さらに、アルコールおよび関連製品の消費が健康に及ぼす影響と、アルコール摂取とCOVID-19パンデミックへの免疫力低下の関係性が人々に認識されるようになりました。

一方、料理用ワインがEコマースチャネルで入手可能であることは、消費者が購入を続ける動機となっています。パンデミックの期間中、人々は自由になる時間で料理用ワインを使ったレシピを試したため、同市場は緩やかな成長を遂げました。

市場成長の要因

料理用ワインの人気の高さ

料理用ワインは、世界の食品および飲料業界で新たなトレンドとなっており、消費者の間でも高い人気を得ています。また、従来の食用油と比較して健康上の利点も多く、ソーセージ、スープ、ケチャップ、食肉加工品などに使用されることで、その用途は急速に拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]