カクテルシロップの市場規模、2027年に68億米ドル到達予測

カクテルシロップの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 8.8%で成長し、2027年には68億米ドルに達すると予測されています。カクテルは、ウォッカ、テキーラ、ジン、ラム、ブランデーなどの幅広いアルコールに、クリーム、ハーブ、フルーツジュース、ミルク、蜂蜜、砂糖、その他の調味料などをブレンドして作られるアルコール飲料です。カクテルシロップは、水、砂糖、そしてカクテルの種類に応じた味を使用した、シンプルで味わいのある濃縮液体です。

可処分所得の増加や消費者のライフスタイルの変化により、カクテルの消費が拡大していることが、今後数年間のカクテルシロップ市場を支えていくと思われます。また、野菜や植物を使用したカクテルシロップが多く出回っていることも、同市場の重要な推進要因です。さらに、米国などでは、カクテルの消費量が多く、その文化が定着していることから、市場の主要プレーヤーにとっては有利な市場になると考えられます。しかし、アルコール飲料の過剰摂取は、肝臓や心臓へのダメージ、がんの発生、うつ病などの原因となる可能性があり、同市場の成長を妨げる要因となることが予想されます。

人工甘味料を使用せず、本物のフルーツジュースを使用するなど、カクテルに工夫を凝らすことで、カクテルシロップの需要が急増しています。さらに、革新的な製品や、健康に良いとされるジンジャーやラベンダーをブレンドしたカクテルの開発など、消費者に多くの選択肢を提供しています。バーテンダーは、自然で健康的な素材を使用した新しいカクテルに注目しており、このことがカクテルシロップ市場の成長に貢献しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生により、バー、レストラン、パブ、ホテルなどの非日常的なビジネスが突然かつ長期的に閉鎖されたため、カクテルシロップ市場の売上が減少しました。しかし、家庭用のカクテルシロップの需要は、ロックダウン期間中も増加しており、様々な種類のカクテルシロップが提供する品質と利便性により、家庭でカクテルを楽しむ文化が広まっていることも、市場におけるカクテルシロップの需要を促進しています。

市場の成長要因

ミレニアル世代や若者の間で広まるパーティー文化

若い世代の間で広く受け入れられているパーティー文化は、カクテルシロップ市場の成長を促進する重要な要素となっています。アルコール度数の低い飲み物をフレーバーで楽しむ傾向が続いていることから、カクテルを好む若者が増えています。このようなカクテルは、アルコールとのバランスがとれた飲み物として、若者の間で非常に人気があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]