クラウドキッチンの市場規模、2027年に1,185億米ドル到達予測

クラウドキッチンの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR13.5%で成長し、2027年には1,185億米ドルに達すると予測されています。クラウドキッチンは、ゴーストキッチンやバーチャルキッチンとも呼ばれ、任意のブランドが所有するデリバリー専用のキッチンや、異なるブランドと共同で作業を行うサードパーティを指します。これらのキッチンは、ダイニンレストランの従来のキッチンと比較して、運営コストが低く抑えられており、ダイニンスペースや不動産に関連するコストを考える必要がありません。

また、クラウドキッチンは、他のダイニンレストランよりも比較的高い利益率を誇ります。駐車場や倉庫、さらには地下室など、どんな場所でも運営できる柔軟性があるため、世界各国でクラウドキッチンの人気が高まっています。不動産コストの上昇やダイニンレストラン間の競争も激しくなっており、起業家やレストラン経営者は、今後数年のうちにクラウドキッチンのコンセプトを採用するようになると考えらえます。

また、若者人口が増加していることや、顧客の味覚の好みが変化していること、消費者の可処分所得の増加や、多忙な生活スケジュールも、料理のオンライン注文に拍車をかける主な要因の一つとなっています。さらに、識字率の向上、スマートフォンの普及、インターネットへのアクセスの向上なども、オンラインでの食品注文を容易にしている要因の一つです。現在、飲食店はオンラインフードサービスサイトと提携し、料理のデリバリーによる売上を伸ばしています。

COVID-19の影響分析

食品業界では、パンデミックにより多くの課題が発生しています。食品業界の3分の2を占めるダイニンングレストランは、ロックダウンなどの制限が課せられたことで莫大な経済的損失を被りました。加えて、世界の様々な国で実施された封鎖措置により、フードデリバリーサービスのモデルが業界でさらに勢いを増しています。クラウドキッチンは完全にデリバリーのみで運営されているため、レストランのオーナーはビジネスを継続しやすく、顧客へのサービスを向上させることができます。パンデミックの影響で、完全に閉鎖された状態でもフードデリバリーが可能になったことで、世界中のクラウドキッチンの需要が高まりました。また、消費者の嗜好がダイニンインからフードデリバリーへと変化したことも、クラウドキッチン市場の成長を後押ししています。

市場成長の要因

オンライン注文食品の人気の高まり

多くのフードデリバリーアプリの登場により、オンラインでのコンセプトはより勢いを増しています。顧客はフードデリバリーを好むようになっており、今後のクラウドキッチン市場の成長を支えています。また、フードデリバリーアプリは、レストランオーナーが従来のキッチンからクラウドキッチンに移行する動機付けとなっており、インターネットやスマートフォンの普及率が高いことも、クラウドキッチンの選択を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]