ビデオ用コンテンツ管理システムの市場規模、2027年に70億米ドル到達予測

ビデオ用コンテンツ管理システム(CMS)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR12.8%で成長し、2027年には70億米ドルに達すると予測されています。ビデオ用コンテンツ管理とは、テキスト、ビデオ、グラフィックイメージなどのメディアコンテンツを極めて効果的に整理および管理することができるシステムのことで、企業が様々なキーワードやデータポイントで検索・分類し、調査結果を出すことができる機能を備えています。

ビデオ用コンテンツ管理システムを利用することで、企業はオンライン動画コンテンツの保存、管理、整理、投稿をより効果的に行うことができます。ビデオ用CMSは、プログラミングの知識がなくても、複雑でスケーラブルなビデオソリューションを作成することができ、広告やチュートリアルなどの一般向けの動画や、トレーニングや社内メッセージなどのプライベートな動画に利用されます。外部および内部のコミュニケーションにおいて動画への依存度が高い企業は、ビデオ用CMSを導入することで、専門外のシステムと比較してそのメリットを享受することができます。

ビデオ用コンテンツ管理システム市場には、多くの主要プレーヤーが存在するため、今後数年間にわたって明るい展望が期待できます。世界各国のビデオ用コンテンツ管理市場の成長の要因は、BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、教育、IT・通信、メディア・エンターテインメント、小売、eコマースなどのさまざまな業界の企業や中小企業が増加し、クラウドサービスの大量導入やインターネットの普及が進んでいることが挙げられます。さらに、世界各地の新興国も市場の成長を牽引しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、ビデオコンテンツ管理システム市場の需要を高めました。顧客はオンラインショッピングを習慣化し、それが新たな常態となりました。その結果、企業はオンラインでの存在感を高めることを余儀なくされています。様々な業種の企業がビデオコ用ンテンツマネジメントシステムの可能性を活用しています。これは、大容量のビデオファイルを柔軟に管理できること、企業のコミュニケーションが向上すること、マーケティングやプロモーション、ライブ視聴者への対応が可能になること、などの要因に起因しています。

市場成長の要因

オンラインビデオコンテンツは市場での需要が高い

業界の専門家によると、ビデオコンテンツの視聴者数は250%、ライブストリームイベントの視聴者数は300%増加しています。厳しい監禁規制により、多くの企業が在宅勤務制度を導入し、遠隔地での勤務を可能にしています。企業は、従業員間のコラボレーションやコミュニケーションを向上させるために、ビデオ通話やビデオ会議によるウェブを利用した、ビデオベースのコミュニケーションソリューションを採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]