Video as a Serviceの市場規模、2027年に71億米ドル到達予測

Video as a Service(VaaS)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR8.4%で成長し、2027年には71億米ドルに達する予測されています。VaaSは、インターネットプロトコル(IP)ネットワーク上で外部のプロバイダーを介してポイントツーポイントのビデオ会議サービスを提供するものです。ビデオ会議は、異なる場所にいる2つ以上の組織間で、ライブで視覚的な接続を行い、より良いコミュニケーションを確立するものです。また、ビデオ会議では、2つ以上の場所の間で、静止画像、フルモーションビデオ画像、テキストなどを高品質な映像と音声を伝送することができます。

VaaS市場の高い成長率を背景に、既存のものと同レベルのソリューションを提供するさまざまな企業が参入しています。そのため、同市場の企業は、VaaSソリューションの向上のめに、最新の機能や性能の開発に力を入れています。高い柔軟性、コスト効率、優れた拡張性など、クラウドアーキテクチャが提供するさまざまな機能により、企業はオンプレミスのビデオ会議コラボレーションソリューションからクラウドベースのソリューションへの移行を進めています。クラウドベースのソリューションの人気が高まることで、VaaSソリューションの需要が急増すると考えられます。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生により、企業は遠隔地で働く従業員間のコミュニケーションを円滑にするために、ビデオ会議を活用することを余儀なくされています。これにより、世界中でVideo as a Serviceソリューションの需要が高まっています。これらのソリューションは、個人やチーム間のコミュニケーションやコラボレーションを向上させるため、企業の間で採用が増加しました。また、産業分野でビジネスの効率性が損なわれていることも、企業によるVaaSソリューションの導入拡大につながっています。さらに、VaaSの特徴である、より優れた顧客エンゲージメント、トレーニング、コラボレーション、マーケティングは、パンデミック後もVaaSソリューションの需要を拡大し続けると考えられます。

市場成長の要因

総所有コストの削減

ビジネスクラウドサービスプラットフォームの導入プロセスは複雑で、膨大な所有コストがかかります。従来、企業は自社サーバー上のクラウドインフラを管理するために、特別にインフラチームを作らなければなりませんでした。しかし、VaaSでは、インフラはマネージドサービスプロバイダー(MSP)が管理するため、企業はインフラ構築への投資を最小限に抑えることができます。様々なクラウドベースのソリューションを提供するプロバイダーは、サービスプラットフォームを自社のサーバー上に実装しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]