ユニファイドコミュニケーションの市場規模、2027年に2930億米ドル到達予測

ユニファイドコミュニケーション(UC)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 19.6%で成長し、2027年には2930億米ドルに達すると予測されています。ユニファイドコミュニケーションは、常に進化し続けており、この技術により、高度に統合された通信機器の提供、ビジネスプロセスの簡素化、コラボレーション、ビジネスコミュニケーションの総コスト削減など、さまざまなメリットを得ることができます。UCソリューションを提供するベンダーは、製品を合理化し、購入、インストール、管理をより簡単にするための努力を続けています。また、常に、ソリューションの開発・改良を目指しています。

ビジネスコミュニケーションは非常に大がかりであり、企業はコスト削減、複雑性の管理、生産性の向上を望んでいます。その結果、ユニファイドコミュニケーションソリューションの採用率が上昇しています。これらのソリューションは主に、ホスト型またはクラウドベースのUCaaS(Unified Communications as a Service)モデルで提供されています。企業は、ビジネスに柔軟性と俊敏性をもたらし、全体的な生産性を向上させるために、その戦略を再考しています。このビジネス環境では、リアルタイムのテレフォニーシステム、データ、ビデオコミュニケーションの統合が、ビジネス活動の重要な要素となっています。そのため、企業は、社内では遠隔地にいる従業員と、社外では顧客やパートナー、サプライヤーとのコラボレーションやコミュニケーションを強化するために、ユニファイドコミュニケーションを導入するケースが増えています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは感染率が高く、患者数が急増しているため、企業はオンプレミスでの運用を中止し、在宅勤務モデルを採用するようになりました。その結果、多くの企業がユニファイドコミュニケーション技術を利用して、チームメンバーや共同作業チーム間の円滑なコミュニケーションを図っています。また、政府機関、教育機関、医療機関などの組織は、強力なビジネスコミュニケーションツールの導入を余儀なくされており、今後数年間でコミュニケーション方法に大きな変化がもたらされると考えられます。

ユニファイドコミュニケーションツールの導入は、Web会議やビデオ会議サービスの必要性から大幅に増加しており、このソリューションを提供するベンダーは、新たな機会を模索し、市場への浸透を強化することができました。

市場成長の要因

モノのインターネットの普及率の上昇

IoTの需要は、中小企業や大企業などのエンドユーザーの間で、費用対効果の高いデータストレージ、データ保護、バックアップに対する需要と正比例しています。また、エンドユーザー企業は常にクラウドコンピューティング技術に移行しており、クラウドベースのIoTソフトウェアやプラットフォームの大量導入が進んでいます。ユニファイドコミュニケーションには、人々の合理的な共同作業を可能にするリアルタイム通信が含まれます。IoTは、ユニファイドコミュニケーションを推進する上で極めて重要な役割を果たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]