ターボチャージャーの市場規模、2027年に243億米ドル到達予測

ターボチャージャーの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 6.2%で成長し、2027年には243億米ドルに達すると予測されています。ターボチャージャーは、タービンで駆動する装置で、燃焼室に余分な圧縮空気を供給することで内燃機関の出力向上に貢献します。また、コンプレッサーが大気圧そのものよりも多くの空気と燃料を燃焼室に送り込むことができるため、従来の吸気エンジンの出力とは違ったものになります。このターボチャージャーの用途は幅広く、一般的には自動車、トラック、航空機、鉄道、建設機械などのエンジンに使用され、オットーサイクルやディーゼルサイクルの内燃機関を中心に使用されています。

ターボチャージャーは、自動車の燃費を約20%向上させるとともに、エンジンに高圧の空気を供給することで出力やトルクの維持を可能にする部品です。また、エンジンから排出される熱エネルギーを回収することで、出力を向上させます。このターボチャージャーを自動車のエンジンに採用することで、軽いペダル操作で加速できるようになり、より少ないエンジン負荷で走行できるようになります。さらに、ターボチャージャーは、粒子状物質の排出を減少させ、よりクリーンな排気を実現するための重要なコンポーネントです。これらの機能は、燃料消費量の少ない自動車、バス、航空機の製造に役立ち、環境への影響を低減します。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、自動車の販売は需要が減少しており、ターボチャージャーの販売にも影響を与えています。さらに、日産、ホンダ、フォルクスワーゲンなどの多くの自動車会社が、操業停止期間中に生産損失に直面しています。この影響により、サプライチェーンが混乱し、市場全体の成長に影響を与えています。航空機製造会社は、パンデミックの初期段階で需要の減速に直面しました。ターボチャージャーは様々な産業分野で広く使用されており、パンデミックの影響によるターボチャージャー市場の成長の鈍化は、今後も続くことが予測されます。

市場成長の要因

燃料効率とエンジン性能の向上が市場成長を促進

燃料価格は常に変動しており、燃費は顧客の大きな関心事となっています。自動車の性能は、エンジンに完全に依存しており、自動車メーカーは、顧客のニーズを満たし、性能と燃費を同時に向上させる効率的なエンジンの開発に注力しています。

エンジンの小型化と車両の軽量化に有効

ターボチャージャーを使用することで、自動車、船舶、航空機のメーカーは、エンジンを小型化することができ、非常に重要な要素である車両の総重量を減らすことができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]