表面検査の市場規模、2027年に56億米ドル到達予測

表面検査の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 8.4%で成長し、2027年に56億米ドルに達すると予測されています。表面検査とは、検査システムによって行われる自動化されたプロセスを指します。このシステムを構成する重要な要素には、カメラとセンサーが挙げられます。強力なレンズで外部の画像を撮影し、コンピューターに転送してデジタル形式で処理します。このシステムは、あらかじめ設定された基準に基づいて、データを目標値や基準画像と比較することで、はるかに小さい変化を検出することができます。

また、レーザー技術を使って表面をスキャンし、コンピューターに3次元画像を生成します。さらに、テストシステムは表面上の欠陥を検出し、製品が不良品であるかどうかを判断することができます。ビジョン式表面検査では、効率的なマイクロチップと高解像度のカメラを使用し、生産工程を大幅に短縮することができます。また、多種なカメラによる様々な角度からの撮影により、一度の操作で製品の完全な表示を可能にします。さらに、この技術は、布地、プラスチックフィルム、ケーブル、ラテックスのような、滑らかではない表面や、商品化されていない物の検査を行うことができます。

表面検査の目的は、リアルタイムで品質管理を行うための、表面エラーの特定です。このシステムは、高集積化が進む半導体や電子機器などの業界で幅広く活用されています。さらに、組み立ての許容範囲が狭くなっていることから、表面検査システムの需要は今後数年間で増加すると予想されます。さらに、所得水準の向上と人口の増加は、市場におけるこれらのソリューションの成長と需要を促進する要因となっています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、世界の医療業界に大きな負担をもたらし、表面検査市場を含む様々な産業や市場に影響を与えています。表面検査システムの中小メーカーは、パンデミックによるマイナスの影響を受けました。これは、自動車部門の操業が約1年半にわたって停止したことに起因しています。自動車産業は、表面検査市場の成長に寄与する最大の産業であると考えられています。また、世界各国で渡航禁止や外出禁止の措置がとられたことにより、自動車の販売台数が減少しました。

世界貿易機関(WTO)の発表によると、2020年には世界全体で自動車製品の輸出が大幅に減少するとされています。しかし、表面検査市場は、先進的なソフトウェア、スマートカメラの導入率の上昇、各国での人件費の高騰、強力な画像処理装置の利点や機能、COVID-19の影響を軽減するための政府や官民企業による取り組み、電気・電子機器の需要の増加などの要因により、堅実な成長を遂げると予想されています。

市場の成長要因

イメージプロセッサーとスマートカメラがもたらすメリット

表面検査システムの性能は、光学系、プロセッサ、ソフトウェア、照明装置、カメラ、イメージセンサーなどのコンポーネントの機能や技術によって決まります。組込みプロセッサにはいくつかの改良が加えられており、スマートカメラは検査アクティビティを個別に実行できる機能を拡張できるようになりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]