SEL(社会性と感情の学習)の市場規模、2027年に58億米ドル到達予測

SEL(社会性と感情の学習)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR19.2%で成長し、2027年には58億米ドルに達すると予測されています。社会性と感情の学習とは、子供や大人が自制心や自己認識力、人格の総合的な発達に不可欠な対人関係スキルを身につけるための手順を指します。また、ここでは、自分の感情を管理し、識別し、認識することや、他者への共感を学びます。さらに、積極的で健全な社会的関係を築くために必要なスキルを身につけ、十分な情報に基づいた意思決定を行う能力を養います。社会性と感情の学習は、自己管理、自己認識、人間関係スキル、社会意識、責任ある意思決定の5つのグループに分けられ、学校の文化や規範にシームレスに統合することで、教科外の時間で包括的な学びが実現できます。

今日、教育は、読解力、算数、学年に応じた概念の把握など、学業を超えたものになりつつあります。この変化は教育関係者にも認識されており、子どもたちは学業面での理解を深めるだけでなく、他者との良好な関係を構築するために、感情管理のスキルを身につける必要性が奨励されています。そのためには、社会性と感情の学習のコンセプトを身につけることが不可欠です。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックに端を発した長期にわたる自宅待機により、学生の身体的・心理的な健康が損なわれています。このため、SEL市場のプレーヤーは、ロックダウン期間中にSELソリューションの需要が急増したことを確認しています。しかし、国境の閉鎖やサプライチェーンの混乱が、SELソリューションの現場での導入の妨げになっています。一方で、SELソリューションやサービスの商業化が進めば、今後の同市場の成長は促進されると考えられます。

このパンデミックの発生により、企業は顧客の信頼を維持するために、強固なネットワーク接続の構築を目指しています。社会的・感情的距離の拡大、K-12産業における評価の普及は、今後のSEL市場の成長を後押しすると考えられます。さらに、教育機関や学校内での福利厚生の必要性や、政府による支援や啓蒙活動の増加は、SELソリューションの成長と需要をさらに増大させます。

市場成長の要因

教育分野におけるデジタル化の進展

世界各国の様々な分野でデジタル化が進む中、技術、ソリューション、ソフトウェアの需要が高まっています。これは、企業や組織、教育機関が、プロセスをより効果的にサポートするために、さまざまなテクノロジーの導入に投資していることに起因しています。特に教育分野では、SELソリューションを含む技術の統合により、より高度な教育を実現しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]