サーバーレス環境のセキュリティの市場規模、2027年に57億米ドル到達予測

サーバーレス環境のセキュリティの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR27%で成長し、2027年には57億米ドルに達すると予測されています。サーバーレスは、様々な組織のクラウドコンピューティングで使用されている運用モデルを指します。このモデルでは、組織のアプリケーションはマネージドサービスに依存し、インフラや仮想マシンのパッチ適用、セキュリティ、管理の必要性がなくなります。さらに、サーバーレスアプリケーションは、FaaS(function-as-a-service)とマネージドクラウドサービスの統合に依存しています。

世界中でデジタル化が進む中、企業はサーバーレスアプリケーションのセキュリティに注意を払う必要があります。このアーキテクチャは、マイクロサービスよりも小さなアプローチを採用しており、小型で独立したソフトウェアを使用して、さまざまなAPIに接続されます。この仕組みは、セキュリティ上の過失によっては、犯罪者にAPIへのアクセスの機会を与えることになり、サーバーレスアプリ環境のセキュリティにとっての障害となります。

医療、銀行などの規制された業界では、データのプライバシーは最大の関心事であり、これらの業界で活動する企業が安全なネットワークの構築を必要とする理由となります。企業がアプリケーションを運用し、データをクラウド上に保存しているため、セキュリティ侵害の可能性が常に存在しており、世界中でサーバーレスセキュリティソリューションの需要が高まっています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、企業は在宅勤務モデルを採用するようになりました。この傾向は、クラウドコンピューティングソリューションへの需要を高めました。企業がクラウドベースのソリューションやサービスの採用に向けて動き出したことで、高度なサーバーレスセキュリティソリューションへの要求も高まっています。

多くの産業分野の企業が重要なデータをクラウド上に移行する動きは、主要な市場ベンダーに大きなチャンスをもたらしています。しかし、クラウドの利用が増えれば増えるほど、企業のセキュリティに関する課題も増えてきます。さらに、最新のデバイスの導入、セキュリティとアクセスのパターン、在宅勤務中のクラウド環境の維持に使用される手順などにより、データ漏洩の可能性が高まっています。このように、リモートワーカーの増加に伴い、セキュリティツールの使用が増加しており、今後のサーバーレスセキュリティ市場の成長をさらに後押しすると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]