セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)の市場規模、2027年に57億米ドル到達予測

セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR35.7%で成長し、2027年には57億米ドルに達すると予測されています。セキュアアクセスサービスエッジは、多くの企業が広く採用しているセキュリティフレームワークです。現在利用可能な企業のネットワークアーキテクチャには、多数のサーバー、アプリケーション、クラウドプラットフォームに保存されているデータに対する様々なアクセスポイントが含まれています。さらに、このようなネットワークの管理とセキュリティ、および散在するデータへのアクセスは、非常に複雑で困難な作業です。さらに、新技術の導入が進んでいることや、企業内でBYOD(Bring Your Own Device)が盛んに行われていることなどが、この課題を難しくしています。SASEは、セキュリティとネットワークの機能を1つのプラットフォームやフレームワークに統合するのに役立ちます。

現在、企業の境界線は一箇所に限定されていません。クラウド技術の採用により、企業の範囲は従来の企業敷地内から、より多くのユーザー、デバイス、データ、サービス、アプリケーションに拡大しており、これに企業の成長も後押ししています。しかし、ネットワークアーキテクチャは、すべてのものがネットワークの境界を通過してから戻ってくるように開発されています。さらに、コストがかかり非効率的なテクノロジーを利用する企業ネットワークに戻る必要があり、ユーザーのパフォーマンス、サービスの可用性、および生産性に関連する課題が発生します。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生により、企業はビジネスを継続するために、リモートワークモデルの採用を余儀なくされています。これは、渡航禁止、完全閉鎖、社会的距離を置くなどの制限が課せられ、企業がオンラインやクラウドベースのソリューションに移行せざるを得なくなったことに起因しています。さらに、ビジネスを遂行するためのデジタル手法は、さまざまな産業分野の企業にとって、新しい事業継続計画(BCP)となりつつあります。WFH、BYOD(Bring Your Own Device)、インターネット普及率の上昇などのトレンドにより、企業や個人はクラウドソリューションのような最新のデジタル技術を利用する方向にシフトしており、サイバー攻撃に対するサイバーセキュリティ対策の需要を高めています。また、エンドポイントや仮想プライベートネットワーク(VPN)のセキュリティ対策への要求が高まっていることや、サイバーセキュリティ対策への需要が高まっていることも、SASEソリューションの需要を拡大させる要因となっています。

さらに、パンデミックの影響で、堅牢なセキュリティソリューションに加えて、クラウドベースのソリューションやサービスに対する需要が急増しており、今後数年間のSASE市場の成長を支えていくと考えられます。しかし、現在のレガシーなネットワークセキュリティアーキテクチャや従来のVPNでは重要なセキュリティサポートが提供できないことから、ネットワークセキュリティとアクセスセキュリティをサポートするSASEを選択する企業が増えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]