アオイ科の植物、ローゼルの市場規模、2027年に2億4,490万米ドル到達予測

アオイ科の植物、ローゼルの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR10.4%で成長し、2027年には2億4,490万米ドルに達すると予測されています。ローゼルは低木で、Hibiscus sabdariffaとも呼ばれており、動物飼料、食品、化粧品、栄養補助食品、医薬品などに広く利用されています。さらに、ジャム、ゼリー、ワイン、シロップ、ジュース、ゼラチン、アイスクリーム、ケーキなどの製造にも使用されています。角質除去や抗炎症作用があるため、オーガニックや自然派化粧品の重要な原料となります。

ローゼルパウダーは、髪や肌に非常に有用であることから、ヘアオイルや石鹸などの幅広い化粧品・パーソナルケア製品に使用されています。さらに、ベーカリーやコンフェクショナリーの原料としても使用されており、その他のエキス製品の代替品としても利用できます。ローゼルは、肌や髪に有益な高い栄養価を持つことから、世界中で人気を集めており、今後数年間で高い需要の伸びが見込まれています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、世界中の多くの産業に打撃を与えています。特に、ローゼル市場はパンデミックの悪影響を目の当たりにしています。ウイルスの蔓延で課せられた制限により、企業が市場で生き残ることはより困難になりました。一方、企業に対する優遇措置もとられました。製品の需要が高く、供給が少ないため、製品の価格が上昇し、世界経済の成長を鈍らせる原因となっています。

サプライチェーンの混乱により、市場では様々な製品が不足しています。それに加えて、製造ユニットへの一時的な禁止措置は、製品の供給を制限し、メーカーにさらなるプレッシャーを与えています。このような制限や混乱は、今後の同市場の成長を鈍化させると思われます。

市場の成長要因

健康な歯茎と歯の維持に役立つローゼル

ローゼルに含まれるカルシウムは、顎の骨を丈夫にし、歯の保護に役立ちます。また、細菌が蔓延を防ぎ、歯をしっかりと支えることができます。したがって、歯に問題が生じないようにするためには、カルシウムが豊富な食事を心がけることが大事になります。こうして、消費者はカルシウムを多く含む製品を好んで購入しており、ローゼルの需要増大にも貢献しています。

ローゼル植物の治療的価値

何世紀にもわたって薬用植物として利用されてきたローゼルには、重要な栄養素が含まれています。伝統的に、ローゼルの葉、花、そして茎は、歯痛、尿路感染、風邪などの様々な健康上の病気を治すために使用されてきました。また、カルシウム、数種のビタミン、食物繊維、ミネラルなどの栄養素が豊富なことから、多くのメーカーが製品に採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]