眼科における屈折矯正手術機器の市場規模、2027年に3,315億米ドル到達予測

眼科における屈折矯正手術機器の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 9.4%で上昇し、2027年には3,315億米ドルに達すると予測されています。屈折矯正手術は、視力矯正手術やレーザー手術としても知られており、視力の問題を修正する方法です。この技術は、目に構造的な変化を与え、目の屈折状態を改善するために使用されます。慢性的な目の障害に必要な最善の治療法には手術が有効で、視力の矯正や、失明につながる眼疾患の治療に役立ちます。使用する手術器具は、患っている障害によって異なります。

屈折矯正手術の需要は、COVID-19の流行による高齢化社会の到来と、デジタル機器の使用によるスクリーンタイムの過剰な増加に起因しています。JAMA Ophthalmology誌の調査によると、スクリーンタイムの増加による若者の目の問題は主に近視です。また、WHOによると、近視は絶えず増加している主要な問題であり、今後数年間で人口の半分以上がこの慢性的な眼病に罹患すると予想されています。また、高齢者は屈折異常を発症する可能性が高く、この眼の問題を解決するために早急な治療が必要となります。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、様々な産業にマイナスの影響を与え、企業の生産性の低下につながりました。このパンデミックでは、顧客がデジタル機器に費やす時間が増え、目にも多大な影響を与えました。企業はオンラインでビジネスを継続するようになり、自宅で仕事をするという新しいトレンドも生まれ、ドライアイ、近視、眼精疲労の症例が増加しました。また、高齢者の増加により、屈折矯正手術用機器の需要が高まっています。

COVID-19のパンデミックにより、遠隔地勤務、社会的距離の保持、商業活動への支障などの制限的な管理措置がとられるようになりました。一方、屈折矯正手術機器市場は、今後数年間で増加すると予想されています。これは、組織が業務の再編成を行い、COVID-19の影響から回復しつつあることによるものです。目の問題を抱える患者数の増加に伴い、屈折矯正手術用機器市場の成長が加速することが考えられます。

市場成長の要因

最新技術の導入によるビジネスチャンスの拡大

最新技術の需要は、時代の変化とともに高まっており、医療分野においても、治療や手術を改善するために先進技術が必要とされています。目の屈折異常の解決のために、医師は屈折矯正手術を行います。このような先端技術の進歩は、失敗のリスクを減らし、装置の効率を高めるのに役立ちます。

市場拡大を支えるレーシック手術の成果

屈折矯正手術の目的は、患者の目の屈折異常を改善・矯正することです。一般的に行われている屈折矯正手術は、レーシック(Laser-Assisted in Situ Keratomileusis)です。レーシック手術は、コンタクトレンズやメガネの使用を避けるため、光が直接網膜に集中するように、角膜の形を変形することで達成されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]