鉄道業界のサイバーセキュリティの市場規模、2027年に102億米ドル到達予測

鉄道業界のサイバーセキュリティの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR9%で成長し、2027年には102億米ドルに達すると予測されています。鉄道業界のサイバーセキュリティは、インフラ、データ、デジタルリソースをサイバー攻撃、マルウェア、ランサムウェアなどから保護することを目的としています。加えて、有害なサイバー攻撃からインフラや企業データを保護することも目的としています。さらに、当局は、その脆弱性に基づいて鉄道の重点分野を定義し、自動化されたシステムの助けを借りて、サイバー攻撃を認識し、対策のためのサービスとソリューションを提供します。

鉄道業界のサイバーセキュリティ市場の成長の主な要因は、鉄道のサイバー攻撃の数が急増していることと、サイバーセキュリティソリューションに対する需要の高まりが挙げられます。さらに、自動化技術やIoTの導入の増加、政府の規範、一般データ保護規則(GDPR)のようなデータ保護に関する法令によって、有利な成長機会が予測されます。さらに、サイバーセキュリティソリューションの導入が進んでいることや、交通制御、ルーティング、信号などの鉄道交通管理のサイバー攻撃の脆弱性が急増していることも、市場の成長を後押ししています。

COVID-19の影響分析

COVID-19の流行に伴い、主要な鉄道部品メーカーおよびソリューションベンダーは、需要の減少、サプライチェーンの混乱、従業員のセキュリティを守るための生産やサービスの延期を余儀なくされました。また、2020年には商用鉄道車両や大量輸送の需要が減少し、鉄道サイバーセキュリティの導入が滞るようになりました。さらに、研究開発活動への予算配分が少なくなったことで、新たな鉄道プロジェクトの開発が制限される可能性があります。

鉄道用サイバーセキュリティソリューションの需要は、主に政府の予算配分と、鉄道事業者の需要との組み合わせに影響されます。さらに、2020年の鉄道車両の生産と販売は減少が予測され、貨物列車の需要が減少することと相まって、鉄道サイバーセキュリティ市場に多大な影響を及ぼしました。

市場成長の要因

スマートレールウェイに対する各国政府の支援策

世界的な都市化の進展に伴い、スマートシティの概念がさらに高まっています。各国政府は、優れた交通手段を提供し、公共交通機関の運営を促進するために、数多くのスマートシティ構想を計画しています。スマートな鉄道システムの導入には、通信事業者、サービスプロバイダー、インフラプロバイダー、メーカー、公共部門、ユーザーグループなど、さまざまな関係者が協力して取り組む必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]