公開鍵基盤(PKI)の市場規模、2027年に105億米ドル到達予想

公開鍵基盤(PKI)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR18.4%で成長し、2027年には105億米ドルに達すると予想されています。公開鍵基盤とは、暗号化とサイバーセキュリティのセキュリティ技術構造のことで、クライアントとサーバー間の通信の安全性確保を支援します。この技術は、秘密鍵と公開鍵という2つの異なる暗号鍵を利用して動作します。公開鍵は、ウェブサイト上で通信するために、信頼できる相手が所有する秘密鍵を伴う必要があります。

また、この技術は、ユーザーのデータをあらゆる種類の侵害や盗難から保護します。SSL(Secure Sockets Layer)証明書は、認証と暗号化のために公開鍵基盤を利用しており、多くの企業で採用されています。これらの信頼できる証明書は、認証局によって発行され、エンティティの検証に利用されます。電子証明書を発行する際の信頼階層には、中間認証局、ルート認証局、発行認証局などの多数のエンティティが含まれます。

デジタル証明書を使用して中央当局から承認された公開鍵と秘密鍵で保護することにより、受信者と送信者間のデータ共有や取引を許可するプロセスは、公開鍵基盤(PKI)として知られています。PKIサービスやソリューションの導入が進んでいることや、重要なデータの消失に関する懸念が高まっていることなどが、PKI市場の成長を後押ししている主な要因です。また、マルウェアやファイルベースの攻撃が増加していること、オンライン販売者や顧客に対する信頼が高まっていること、厳格な義務的コンプライアンスや規制がPKI市場の成長を促進すると予想されます。また、IoTやクラウドトレンドのような様々な先進技術の採用が増加しており、主要市場のプレーヤーにとって有利な成長機会を生み出しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの際には、多くの政府や規制当局が、官公庁や民間企業に対して、在宅勤務という新しい慣行を実行し、社会的な距離を置くことを指示しました。現在では、業務のデジタル化やホームサーバーでの電子メールの活用が、企業にとって最新の事業継続計画(BCP)となっています。また、モバイル機器の普及やインターネットの普及により、顧客はPKIの利用に大きな関心を寄せています。このようなトレンドと分散したIT環境により、企業はデータ漏洩やサイバー攻撃に対してより脆弱になっており、PKIソリューションの需要をさらに加速させています。

市場成長の要因

重要なデータの損失に対する懸念の高まり

ビジネスの生産性を高めるために、仮想化、エンタープライズモビリティ、クラウドストレージなどの様々な技術開発を導入する企業が増えています。これらの技術開発により、企業は効率的かつリアルタイムに業務を遂行できるようになり、クラウドや仮想ストレージからモバイル機器でビジネス情報に簡単にアクセスできるようになりました。しかし、このようにモバイル機器でのビジネスデータへのアクセスは、データの損失や盗難のリスクを高めることになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]