ライトフィールドの市場規模、2027年に1億6700万米ドル到達予測

ライトフィールドの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 14.6%で成長し、2027年には1億6700万米ドルに達すると予測されています。ライトフィールドは、空間の各点をあらゆる方向に進む光の大きさと強度を推定するのに役立ち、絶え間ない技術の進歩と3Dイメージング技術の利用により、着実な成長が見込まれています。世界市場における光電界技術の成長と需要を支えているのは、イメージングデバイスの需要拡大や4Dおよび5D技術の登場です。

また、3D高速ビデオ撮影の膨大な需要、エンターテインメント目的の視覚効果技術、洗練された最新の4G&5G技術の利用、ジャストインタイムマーケティングなどの要因が、世界市場におけるライトフィールド技術の成長と需要を押し上げる役割を果たしています。さらに、プロトタイピング、人工技術、計算能力を備えた医療用画像の採用に対する需要は、ライトフィールド市場に有利な成長機会をもたらします。

さらに、エンターテインメント&メディア業界では、エンドユーザーにアピールするために、博物館や劇場、バーチャルリアリティヘッドセットを使用したアプリなどにこの技術を導入することができます。この技術は、マイクロレンズを使用してリアルタイムのコンテンツを得ることを支援し、コンピュータグラフィックスの場合は、モデル、照明、テクスチャ、反射を最大限忠実に再現することができます。世界のライトフィールド市場は、絶え間ない技術革新と3Dイメージングの大規模な利用により、明るい成長が見込まれています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、ライトフィールド技術の成長と需要に悪影響を及ぼし、2020年前半には市場の成長が急激に低迷しました。一方で、この傾向は2020年後半には変化し、メディアエンターテーメント分野の需要が増加することが予想されます。

ライトフィールド市場のバリューおよびサプライチェーンは、COVID-19パンデミックによりマイナスの影響を受けています。ライトフィールドの主要メーカーである米国、日本、中国は、この影響から、技術のサプライチェーンが途絶え、市場成長の妨げとなっていました。現在、産業、医療、建築の分野でのライトフィールド技術に対する需要は低く、しばらくはこの傾向が続くと思われます。

市場成長の要因

ゲームや映画の視覚効果を高める

ライトフィールド技術は、映画や次世代コンテンツの制作を目的として、ハリウッドのスタジオやVR企業で高い需要があります。エンターテインメント分野では、コンピュータグラフィックスやアニメーションを使って視覚的に優れたイメージを開発するVFX(ビジュアルエフェクト)が大量に採用されています。現在、3Dアニメーションソフトウェアは、取得した静止画に、さまざまな種類の3Dアニメーションツールを使って処理を施します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]