イソフラボンの市場規模、2027年に14億米ドル到達予測

イソフラボンの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR6.4%で成長し、2027年には14億米ドルに達すると予測されています。イソフラボンは、エストロゲンアンタゴニストおよびエストロゲンアゴニストの特性を示すポリフェノール化合物を指します。グリシテイン、ゲニステイン、ダイゼインは、大豆に含まれる最も活性の高いイソフラボンであり、強力なエストロゲン活性を持つ植物性エストロゲンでもあります。ゲニステインとダイゼインは、前立腺がん、乳がん、骨粗しょう症、心血管疾患の予防や、閉経後の症状の緩和に有効であることが、さまざまな臨床研究で示されています。

イソフラボン市場は、高齢者人口の増加に伴い、健康面でのメリットに対する認識が高まっていることから、今後も大きな成長が期待できます。さらに、働く女性の増加や、健康的な食品に対する消費者の購買力の向上が、市場を活性化すると予想されます。

また、世界人口の可処分所得の増加に伴い、あらゆる年齢層で栄養補助食品の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししていると考えられます。老年期への関心は、新興国だけでなく先進国でも世界的なトレンドとなっています。消費者は、生活の質の変化に関心を持ち、自分の食生活を注意深く観察しています。また、世界的なワーキングマザーの増加により、フラボノイドを含む粉ミルクの消費が促進されており、これがイソフラボン市場の需要と成長を後押ししています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、イソフラボン市場に大きな影響を与えています。イソフラボンは栄養補助食品、医薬品など様々な製品に幅広く利用されています。イソフラボンを使用した製品は、筋肉量や免疫力の向上に役立ちます。このような背景から、ここ数年、イソフラボン製品の需要が高まっています。

消費者の間でのイソフラボンの需要は、健康への関心の高まりと消費者の意識の向上により促進されており、強化食品の需要につながっています。医療用の健康補助食品に加えて、植物を原料とするイソフラボンの健康補助食品は、消費者の高い関心を集めています。COVID-19パンデミックの発生により、健康的な食生活とサプリメントの摂取に対する消費者の意識が高まっています。健康補助食品や栄養補助食品の多くは、腸内環境の改善に役立つイソフラボンを含んでいます。そのため、COVID-19パンデミックの発生は、イソフラボン市場の成長にプラスの影響を与えています。

市場の成長要因

更年期障害の多発による市場の活性化

更年期の女性は、不眠、ほてり、そして多くの場合、性機能障害など、さまざまな問題に直面します。多くの女性はエストロゲンを含むサプリメントを購入する傾向にありますが、これは血栓、乳がん、脳卒中、子宮がんなどを引き起こす可能性があります。したがって、エストロゲンは、健康状態や家族の病歴などから、全ての女性にとって実行可能な選択肢ではありません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]