インスタントのドライイーストの市場規模、2027年に11億米ドル到達予測

インスタントのドライイーストの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR7%で成長し、2027年には11億米ドルに達すると予想されています。酵母は、湿った環境で生育する単細胞の真菌です。出芽酵母(パン酵母)は、その膨潤剤としての特性から、食品業界で一般的に使用されている最もポピュラーな酵母の一つです。酵母は糖分と酸素を餌にして二酸化炭素を放出し、ビールの泡立ちやワインの発酵促進、生地を柔らかくするのに役立つ酵母細胞を増やしていきます。最も一般的なパン酵母はドライイーストで、約95%の酵母が固体として含まれており、製造コストが比較的安く、保存期間が長く、冷蔵庫での長期保存が可能な点が、同市場を牽引する要因となっています。

また、インスタントドライイーストは、医薬品や食品・飲料など様々な産業で使用されています。さらに、この製品の成長と需要は世界各国で大幅に増加しており、より多くのプレーヤーの参入による成長が期待できます。さらに、インスタントドライイーストは、農業食品廃棄物からバイオ燃料を生産したり化学物質を製造したりする、バイオテクノロジーの分野でも大いに活用されています。

また、ビール工場やベーカリーなどのエンドユーザー産業が、インスタントドライ市場の成長と需要を押し上げています。酵母は、その発酵機能のために、家庭で定期的によく使われるアイテムです。インスタントドライイースト市場の成長を促進する主な要因は、その製造コストの安さで、サトウキビの最終製品である糖蜜から生産される酵母は、サトウキビの価格がそれほど高くないため、酵母も最小限のコストで生産され市場に出回っています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、インスタントドライイースト市場を含む様々な市場の成長に深刻な影響を与えています。多くの国でロックダウンが実施され、食品加工業界、特に製菓・製パン業界に直接影響を与えていることから、同市場の成長は落ち込みを見せました。また、ファストフードチェーンやレストラン、ホテルなどの外食産業も影響を受けたことで、インスタントドライイーストの需要が低迷しています。

今後、パンデミックの終息後には、インスタントドライイーストの供給は再開され、その需要は加速すると推測されます。また、労働人口の増加に伴い、調理済み食品の需要が急増しており、これらの要因が今後の市場の成長を後押しすることが期待されています。

市場の成長要因

医薬品、醸造製品、ベーカリー製品の生産量の急増

このタイプの酵母は、アクティブドライイーストよりも保存期間が長く、安定性が高く信頼できます。このような特性から、インスタントドライイーストはビールの製造に広く使用されており、香りを加えたり、色を安定させる特徴があります。さらに、ノンアルコール飲料やパッケージ食品の保存にも使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]