機能性飲料の市場規模、2027年に1,407億米ドル到達予測

機能性飲料の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR8%で上昇し、2027年には1,407億米ドルに達すると予測されています。機能性飲料には、ミネラル、プロバイオティクス、各種人工成分、生のフルーツなど、従来とは異なる成分が含まれおり、高い人気を得ています。また、健康的で栄養価が高く、体とともに精神面でも良い影響が考えられます。

機能性飲料市場は、消費者の健康的なライフスタイルへの嗜好の変化や、フィットネス愛好家の増加により、大きな成長を遂げています。また、国の内外で人々がスポーツに参加するようになり、アスリートが増加していることも、機能性飲料の需要と成長を後押ししています。これらの飲料は、人体のスタミナと精神面での覚醒を高めるために利用されており、消費者の嗜好が炭酸飲料から健康的な飲料へと大きくシフトしていることから、世界市場で事業を展開するプレイヤーに新たな成長機会をもたらしています。

さらに、この市場の加工企業は、低脂肪・低カロリーの製品を導入したり、野菜や果物のフレーバー添加物を加えたりして、スポーツ飲料やエナジードリンクのカジュアルユーザーの増加に合わせて、ユニークな味を提供しています。カジュアルユーザーとは、楽しみや嗜好のために機能性飲料を消費する顧客を指します。同時に、流通チャネルは市場の成長に重要な役割を果たしており、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、専門店などの存在が、世界市場の成長を後押ししています。

COVID-19の影響分析

COVID-19発生によるWHOの緊急事態宣言以降、機能性飲料市場は低迷しました。旅行や移動を禁止するロックダウンにより、サプライチェーンは混乱し、市場の成長が制限されました。一方、人々は健康に気を配るようになり、健康的な飲料や食品を消費するようになりました。また、需要の増加、既存製品の革新、認知度の向上などにより、同市場は急速に成長すると推定されます。

市場の成長要因

有機・非遺伝子組み換え・クリーンラベル製品の急成長

消費者の購買姿勢は、有機、非遺伝子組み換え、クリーンラベル製品の増加に影響され、その嗜好は、フルーツジュースや炭酸飲料から機能性飲料へと変化しており、今後数年間で需要が急増することが予想されます。メーカーはこのような需要の高まりに対応し、天然素材、非遺伝子組み換え素材、クリーンラベル素材を使用した製造を試みています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]