衝突防止センサーの市場規模、2027年に88億米ドル到達予測

衝突防止センサーの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR11.9%で成長し、2027年には88億米ドルに達すると予測されています。衝突防止センサーとは、2つの異なる方法で応答することができる装置です。1つは、光や音、またはその両方でドライバーに危険の接近を知らせるもので、もう1つは、バック&フロントカメラで車両に通知したり、障害物を視覚的に警告したりするものです。衝突防止センサー市場は、消費者や自動車メーカーが安全性を重視するようになったこと、政府の規範、NCAP(New Car Assessment Program)の影響、保険会社が衝突防止センサーを搭載した自動車の保険料を引き下げたことなどにより、今後の成長が予測されます。

衝突防止センサー市場の成長を促す主な要因としては、スポーツユーティリティービークル(SUV)や高級車の販売が増加していることが挙げられます。さらに、カメラの領域における絶え間ない開発によっても促進されています。逆に、自動車の販売と生産が周期的に行われていることから、今後数年間は同市場の成長が鈍化する可能性があります。しかし、自動車の安全性に関するガイドラインの増加や、乗用車への高度な運転支援システムの搭載などにより、市場は新たな成長の道を歩むことが考えられます。

COVID-19インパクト分析

電子機器・半導体分野は、COVID-19の感染者数の増加に伴い、企業や製造施設の操業が停止しており、2021年もその状況が続くことが予想されます。アジアや欧州の国では、厳しい閉鎖ガイドラインが適用され、製造施設が閉鎖されたため、収益やビジネスに大きな損失が生じています。今後、その重大な影響は、欧州全域での製造業の大規模な混乱や、中国の部品輸出の混乱を含み、同市場の成長を制限する可能性があります。

市場の成長要因

衝突防止システムの高い需要

研究開発活動への注力や、消費者の意識向上などの要因が、衝突防止センサー市場の成長を促進しています。衝突防止センサーを導入することで、自動車は自律的・半自律的な意思決定を行うことができます。また、自動車メーカーが自律走行車の製造という目標を達成するために、追加のインテリジェンスを組み込むことを可能にします。

ADASの需要

ここ数年、自動運転システム(ADS)が大幅に進化しています。現在販売されている自動車の中には、すでに自動運転に柔軟に対応できるものもあります。また、自律走行が可能な試作車が日本、欧州、米国の公道で実験されています。自動運転システムの大きな特徴として、安全性の向上、渋滞の減少、乗員のストレスの軽減などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]