AIベースのトレーニングデータセットの市場規模、2027年に31億米ドル到達予測

AIベースのトレーニングデータセットの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR17.4%で成長し、2027年には31億米ドルに達すると予測されています。人工知能(AI)は、人の助けを借りずにタスクを実行できるスマートマシンの開発に関連する、コンピュータサイエンスの幅広い分野と考えられています。AIは、IT、小売・電子商取引、ヘルスケア、BFSI、製造業などのいくつかの産業用途で重要な位置を占めています。さらに、アプリケーションに特化したトレーニングデータの需要が高まっていることも、新規参入企業に有利な機会を提供しています。人工知能は、階層的な学習プロセスを利用して複雑で高度な抽象化を可能にし、抽出やマイニングのプロセスを通じて大量のデータから意味のあるパターンを得るのに役立つため、ビッグデータにとって重要なものとなっています。

AIは、機械が経験から学び、新しい入力に適応することで、人間のようにタスクを実行することを可能にします。人工知能は、膨大な量のデータを処理し、与えられたタスクを実行するためにパターンを制御するよう機械を訓練します。これらの機械のトレーニングには、特定のデータセットが必要です。そのため、市場ではこのニーズを満たすために、AIトレーニングデータセットに対する大きな需要があります。

これらの機械は、与えられたデータセットに従ってタスクを実行します。したがって、より良いトレーニングのためには、優れた品質のデータセットを機械に提供する必要があります。優れた品質のデータセットは、人工知能のパフォーマンスレベルを向上させ、データの準備にかかる時間を短縮し、予測の精度を高めます。そのため、市場関係者は、データの品質向上を支援する企業の買収を目指しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、様々な分野で使用されるアプリケーションや技術の開発を促し、ヘルスケアなどの分野におけるAIの導入率を高めました。この危機は、すべての産業がビジネスを運営する上での課題を生み出しており、この状況に対応するために、AIベースのツールやソリューションは大きな展開を見せています。市場の主要プレーヤーは、ビジネスをデジタル化することに注力しており、市場ではAIソリューションに対する期待が高まっています。

これらの要因は、COVID-19パンデミックの間、AIトレーニングデータセット市場にプラスの影響を与えると報告されています。また、パンデミック時にビジネスを円滑に進めるために、高度なアナリティクスやその他のAIベースの技術の導入が必須となりました。さらに、企業は高度な技術に依存するようになり、今後数年間で市場の成長が急上昇することが考えられます。ヘルスケア、IT・自動車、Eコマースなどの業界では、AIトレーニングデータセットの導入率が高まり、同市場の成長は、今後も加速すると推定できます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]