ウォータージェットによる切断加工の市場規模、2027年に15億米ドル到達予測

ウォータージェットによる切断加工(WCM)の市場規模は、2021年~2027年の間に6.1%のCAGRで成長し、2027年には15億米ドルに達すると予測されています。この切断加工は、製造業において金属やその他の素材を切断する目的で使用され、その切断には水を利用します。ここ数年、製造業では、切断技術や生産プロセスが進歩しており、代表例としては、ロボット型ウォータージェット切断装置、3D、マイクロウォータージェット切断装置などがあります。今後は、中東・アフリカ地域の産業部門の成長により、ウォータージェット切断加工市場にとって有利な環境が整います。

ウォータージェットによる切断加工では、超高圧の水流とともに研磨材が使われています。機械的なソーイング動作を通じて、研磨材は素材を切断し、滑らかで精密な切断面を作ります。ウォータージェット切断は、事実上あらゆる素材を切断することができるため、最も汎用性の高い手法です。ただし、強化ガラスや一部のセラミックのような非常に脆い素材には不向きです。ウォータージェット切断は、非常に正確な切断方法でカーフ幅が小さいので、繊細な曲線や高精度な部品の切断が可能です。しかし、ほとんどの全ての金属を対象とするプラズマと比較すると、非常に時間とコストがかかるという欠点があります。

年々、ウォータージェット切断加工の需要は伸びており、高度な機器への需要も増加しています。その圧力レベルは、通常の超高圧レベルである50,000psiよりも高いものもあり、最終用途分野で勢いを増しています。従来のレーザー、オキシ燃料、プラズマ切断機と比較して、WCMはコールドカット技術と高圧レベルのジェットを使用しているため、きれいなエッジで、反りや歪みなく加工することができます。

COVID-19の影響分析

COVID-19の世界的大流行により、ウォータージェット切断加工のバリューチェーンに大きな影響が出ています。インド、中国、日本、米国、韓国など、世界のウォータージェット加工機市場の主要国でパンデミックが発生し、悪影響が及びました。また、世界市場が減速し、購買力が低下していることから、航空宇宙、電子機器、自動車などの需要が減少しており、しばらくは需要の減少が続くと思われます。

市場成長の要因

優れた作業効率を発揮するウォータージェット切断加工

ウォータージェット切断加工は、その柔軟性から、あらゆる材料の不規則な形状を、卓越したエッジ品質と精度で切断することができます。アルミ複合板のような接着された積層材やゴムライニングされたウェアプレートなど、異なる形状や厚さを切断するために、ウォータージェット切断加工は研磨剤を利用しています。また、冷間切断なので、熱による歪みやエッジの硬化の問題もありません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]