ウォーターフロスの市場規模、2027年に13億米ドル到達予測

ウォーターフロスの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR7.8%で成長し、2027年には13億米ドルに達すると予測されています。ウォーターフロスとは、口腔内洗浄器のことで、水流を噴射して歯間や歯の周囲を清掃する携帯型機器です。ウォーターフロスの主な構成要素は、貯水槽、圧力調整装置、水チップ、ハンドルです。

ウォーターフロスには、シャワーフロッサー、コードレスフロッサー、バッテリーフロッサー、蛇口フロッサー、カウンタートップフロッサーなど、さまざまな種類があります。洗練されたフロッシングの方法で、従来の糸のフロッシングの代わりとなる製品です。ウォーターフロスは、糸フロスでは掃除するのが難しい歯の裏側や、口の中の届きにくい部分を掃除することができます。さらに、健康なピンク色の歯茎を維持するのに役立ちます。

ウォーターフロス市場の成長は、タバコの消費量と、口腔・歯科疾患の症例数の急増によって促進されます。世界でかなりの割合の人が、虫歯、口腔がん、歯周病などの口腔疾患に苦しんでおり、なかでも、未治療の虫歯は最も頻繁にみられる健康状態となっています。口唇癌と口腔癌の発生率は、癌のトップ15に入っています。口腔疾患は、生活の質を低下させるだけでなく、医療システム全体にも大きな経済的影響を及ぼします。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、サプライチェーンや生産能力に深刻な混乱が生じました。また、パンデミックによる歯科医院や企業の閉鎖措置は、さまざまな地域でのウォーターフロスの普及に大きな影響を与えました。さらに、歯の問題を抱える患者の多くは、感染を恐れて歯科医院への通院を延期しました。この傾向は、パンデミックの状況下で、世界のウォーターフロス市場の発展に大きな障害となりました。しかし、COVID-19感染者の減少に伴い、世界各地で閉鎖規制が緩和されつつあることから、近い将来、ウォーターフロス市場が復活することが期待されています。また、COVID-19によって、歯ぐきの健康や虫歯予防など、口腔内の健康維持に対する意識が高まっています。この傾向は、今後数年間のウォーターフロス市場の成長に明るい展望をもたらすと予想されます。

市場の成長要因

歯のホワイトニング製品とマウスウォッシュの需要増加

ウォーターフロスは、従来の歯ブラシと比較して多くの利点があります。なかでも、食べかすの除去は、従来の歯ブラシでは困難であった課題です。

ユニークでトレンディな製品への需要

消費者の可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、新興国の生活水準の向上は、オーラルケア市場を活性化させます。消費者の要求を満たすために、ウォーターフロスのメーカーは、トレンディで新しいデザインの製品を発売しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]