壁紙の市場規模、2027年に26億米ドル到達予測

壁紙の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR8%で成長し、2027年には26億米ドルに達すると予測されています。壁紙は、壁を飾るために利用される装飾層で、プラスチック、ガラス繊維、紙、ビニールなどで作られており、ロール状のものが市場に出回っています。これを壁に貼り付けることで、壁の傷をカバーし、装飾することができます。壁紙は様々な場所で利用されており、主に学校や部屋、空港、オフィスなどで活用されています。

業界では、技術の大規模な開発が行われており、新興国市場でも成長を遂げています。従来の顧客はカラフルな塗料で壁を装飾していましたが、現在では、長期間の使用に耐え、剛性が高く、環境に優しいという特徴が好まれるようになりました。壁紙は、オフィスや家など建物の内壁を装飾するために使用され、豊富なパターン、環境保護、容易な利用、色の多様性など、そのさまざまな特徴から、人々の間で非常に人気があります。

COVID-19の影響分析

COVID-19の発生は、世界経済を減速させました。壁紙市場の成長は、中国や韓国などのサプライチェーンの混乱によって深刻な影響を受けています。一方、ブラジルやインドなどでは、住宅計画の増加に伴い、賃貸住宅の需要が高まっており、壁紙市場の成長を促進するものと考えられます。メーカーは、顧客の需要を満たすために新しい戦略を採用しています。また、このパンデミックにより、オンラインの電子商取引チャネルの採用が急増しています。

世界的なロックダウンにより、住宅分野での壁紙の注文数が増加しています。オーナーは、家の装飾やリフォームに投資をしています。最新の調査によると、ロックダウンの間、家主は収入の多くを家の装飾に使っています。また、ホスピタリティ分野の改善に力を入れる国もあり、商業分野での壁紙の使用が増え、市場の成長を着実に押し上げています。

市場成長の要因

ホームデコレーションのための壁紙アプリケーションの使用

顧客は家の装飾に関心を示しており、壁紙やラミネート、その他のカスタマイズされたインテリアエレメントが導入されています。従来の塗料は時代遅れとなり、その代わりに、種類が豊富で耐久性に優れた、デジタルプリントされた壁紙やコーティング剤を使用することが好まれています。

魅力的なデザインと耐久性のある壁紙

内装用塗料とは対照的に、デジタルプリントされた壁紙は、壁の装飾に役立ち、美的感覚をもたらし、また経済的でもあります。住宅分野では、近年、美観を重視した壁紙の需要が高まっています。デジタルデザインされた壁紙は、壁をより美しく見せ、壁の傷を防ぐ効果もあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]