ユーザー生成コンテンツプラットフォームの市場規模、2027年に137億米ドル到達予測

ユーザー生成コンテンツ(UGC)プラットフォームの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 24.3%で成長し、2027年には137億米ドルに達すると予測されています。ユーザー生成コンテンツおよびユーザー作成コンテンツプラットフォームを利用することで、ブランドはソーシャルメディアなどから企業に関する言及や短い動画などの視覚的な製品紹介を収集し、販売、マーケティング、広告活動に再利用することができるようになります。ここ数年、マーケティングやブランディングのための広告目的で、ユーザー生成コンテンツの採用が大幅に増加しています。これは、ソーシャルメディアやメッセージングプラットフォームの普及により、多くの人々がモバイルデバイスを利用してコンテンツ制作者となっていることに起因しています。

マーケター、代理店、パブリッシャーは、独自の方法でこのトレンドを活用しています。ユーザー生成コンテンツのプラットフォームは、マーケティングに影響を与え、その効果を保証するマーケティングおよび広告戦略として急速に台頭しています。これは、以前はUGCのコンセプトの一部としてトップダウンでインフルエンサーを起用していたUGCの採用に大きな変化をもたらしています。

ブランドとユーザーのパートナーシップは、ユーザー生成コンテンツの人気のある流れの一つです。多くのブランドは、UGCのコンセプトを自分たちの利点やマーケティングのために再設計し、ファンアート、ブランドにインスパイアされた顧客の声をソーシャルネットワークサイトで共有しています。例えば、GoProは、ファンが作成したコンテンツを使用し、Youtubeチャンネルで顧客が作成したユニークなビデオコンテンツを宣伝しています。さらに、Amazonは、ウェブサイト上で再配置されるために、カスタマーレビューの助けを借りています。最終的に購入する前にオンラインレビューをチェックする顧客が大半であることから、レビューは企業のランキング向上に貢献しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19の影響から、企業は、複雑なスタジオ設置、巨額の予算、膨大な制作費など、インパクトのある広告プログラムに代わるものを探す必要があります。企業が成功するための戦略は、ユーザー生成コンテンツ(UGC)を巧みに利用することです。UGCは、人と人とのつながりから、コミュニティを強化します。

パンデミック時には、様々な理由でUGCプラットフォームの採用と人気が高まります。さらに、パンデミックに伴う規制は、企業、代理店、ブランドのコンテンツ制作規制につながるため、UGCプラットフォームの優位性を高めました。また、危機的な状況下では、モチベーションを高めるような、自分と直接関係のあるコンテンツが求められるため、UGCは特に適していると言えます。優れたストーリーテリングツールであるUGCは、ブランドとオーディエンスをつなぐ役割を果たし、コミュニティの距離を縮め、高い帰属意識と一体感をもたらします。このような理由から、COVID-19は、ユーザー生成コンテンツプラットフォーム市場の需要と成長を加速させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]