サーモスタット式水栓の市場規模、2027年に126億米ドル到達予測

サーモスタット式水栓の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR9.5%で成長し、2027年には126億米ドルに達すると予測されています。サーモスタット式水栓は、サーモスタット式混合弁とも呼ばれ、温水と冷水を自動的に混合し、所定の温度にして供給することが出来ます。調整可能なサーモスタットバルブが水栓の中にあり、短時間で自動的に温水と冷水の水圧バランスを取ります。また、蛇口から流れ出る水の温度を一定に保ち、人の手を煩わせることがありません。

洗面台のような場所で使用する従来の水栓は、通常、温度調節を手動で制御する必要があります。一方、シャワーを浴びるときには、水の温度と圧力のバランスをとることができるシャワー水栓が適しています。この水栓は、冬の季節には、暖かいお湯を提供し、非常に快適に使用することができます。また、様々な状況でより安全に使用できるクイックヒート式の水栓もあります。サーモスタット水栓の中には、最高温度の設定が可能なものもあり、多くの人が洗面所やキッチンでこれらの蛇口を実装しています。また、水温や流量の調整、タッチスクリーンによる操作、一定温度などの機能を備えているものもあり、使い勝手の良いものになっています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、建設・改修プロジェクトが減少し、サーモスタット式水栓の需要が減少しました。また、サプライチェーンが混乱し、市場がマイナスの影響を受けたため、製品の需要が減少しました。さらに、各国政府による厳しい社会的規制により、個人消費が減少しました。その後、世界経済は回復しつつあり、サーモスタット式水栓市場は今後数年間で大きな成長機会を得ることが期待されています。

市場成長の要因

節水に役立つサーモスタット式水栓

サーモスタット式水栓は、節水に重要な役割を果たしています。住宅や商業施設でこれらの水栓を使用することで、水の使用量を抑え、水の無駄遣いを減らすことができます。主要メーカーは、好ましい水温に迅速に到達し、変更されるまで温度を一定に保つ水栓を製造しています。

便利な温度制御機能

サーモスタット式水栓は、自動で水温を調整することができるという利点があります。これは、やけどのリスクを軽減するのに役立ち、特に高齢者や敏感肌の人の肌を傷つける可能性を減らします。冷水が止まると自動的に温水も止まるので、やけどの危険性を回避することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]