ヘルスケア分野におけるスマートカードの市場規模、2027年に23億米ドル到達予測

ヘルスケアにおけるスマートカードは、健康データやIDなどの個人データを管理するために、より多くのプライバシー情報とセキュリティが必要になります。さらに、このスマートカードは、医療の際の患者のアイデンティティを検証し、医療システム管理に役立てることが出来ます。

患者データの管理にスマートカードを採用するケースが増えていることが、ヘルスケア分野のスマートカード市場の成長を後押ししています。また、このことで、医療ミスの可能性が減り、医療費も削減されるため、この分野でのスマートカードの採用が急増すると推定されます。さらに、スマートカードには集積回路を備えた電子チップが内蔵されているため、詐欺や盗難などの医療IDに関する事故を減少させることができます。不正行為のリスクを抑えながら治療を向上させるニーズは、市場成長をさらに加速させます。

ここ数年、医療費の不正受給やその他の不正行為が増加しています。各国政府は、国内の人々の医療記録を取得するためにスマートカードを導入しています。スマートヘルスカードは、保険金請求やその他の医療行為の規制を改善するために、医療保険組織によって発行されます。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、ビジネス領域の様々なセグメントに影響を与えています。旅行禁止、ロックダウン、製造ユニットの一時的な停止など、制限が課せられたことで、多くの産業分野に悪影響を及ぼしています。さらに、サプライチェーンの混乱や、製品やサービスに対する需要の低下も、パンデミックの影響のひとつです。スマートヘルスカードの企業も、パンデミックによる売上の減少に直面しています。

頻繁に起こるロックダウンやサプライチェーンの混乱により、スマートヘルスカードの導入が減少しています。保険・医療分野の不安定さが、同市場にマイナスの影響を与えており、スマートカードの需要が少なくなることで、今後の市場成長が鈍化すると考えられます。

市場の成長要因

積極的な政府の取り組み

ヘルスケアシステムの機能を向上させるために、ヘルスケア分野におけるスマートカードを推進する政府の取り組みが増加しています。また、スマートヘルスカードを普及させる取り組みを行っている団体も数多くあり、その需要が高まっています。

ヘルスケア業界におけるデジタル化の進展

あらゆるものがオンライン化されデジタル化が急速に進んでいる中、ヘルスケア企業もこのトレンドに合わせて、スマートヘルスカードのような製品を数多く導入しています。また、患者管理ツールを使ったデータ管理の導入が、スマートカードの需要を急増させると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]