非経口栄養の市場規模、2027年に109億米ドル到達予測

非経口栄養の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR8.1%で成長し、2027年には109億米ドルに達すると予測されています。非経口栄養剤、または静脈内栄養剤は、タンパク質、ビタミン、脂肪、電解質、ミネラル、炭水化物などの液体栄養素を供給します。消化管をうまく使えない患者に栄養補給を行う専門的な栄養療法の一要素です。栄養失調を解消し、水分、エネルギー、体力を維持するのに非常に有効です。そのため、がん、脱水症、クローン病、虚血性腸疾患、短腸症候群、腸管機能異常などの患者に広く利用されています。

非経口栄養市場は、新興国や低開発国を中心に、子どもたちの栄養不良が急増していることから、その発展が期待されています。さらに、アミノ酸、脂質、ビタミン、ミネラル、その他の栄養素を適切にバランスさせるために、非経口栄養が必要とされていることが、市場の成長に明るい展望をもたらすと思われます。

非経口栄養の採用は、発育不全や感染の可能性を減らすことが期待されています。 超低出生体重(VLBW)の新生児は、経腸栄養(EN)が不完全であるため、非経口栄養製品への需要が高くなっています。 さらに、未熟児の非経口栄養の受け入れが急増し、神経学的成長が促進され、合併症の可能性が低くなることで、生存の可能性が高まりました。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生により、迅速かつ安全な回復のために身体に必要な栄養と水分を提供する非経口栄養法の採用率が大幅に上昇しました。また、COVID-19に罹患した患者の間では、経腸栄養に比べて非経口栄養剤による投与が、栄養吸収率を高め、感染リスクを低下させるため、今後数年間で非経口栄養市場全体の需要と成長が加速すると予想されています。さらに、臨床医の間では、患者が目標とする栄養摂取量を満たし、回復力を高め、入院期間を短縮するための採用が進んでいることも、同市場の発展を促進する要因となっています。

市場成長の要因

世界人口における栄養不良の割合の急増

各国政府は、栄養不良の問題を解決するために様々な取り組みを行っており、その結果、静脈栄養の需要が増加しています。Action against Hunger、Food4Africa、Heifer International、World Health Organizationなどの政府機関は、栄養失調の人々により良い治療を提供するために、新たな取り組みを行っています。

慢性疾患の高い有病率

頭頸部癌、食道癌、クローン病、潰瘍性大腸炎、胃癌、喉頭癌などの様々な疾患は、患者の経口食品消費に影響を与える可能性があります。このような疾患の増加に伴い、非経口栄養市場は今後数年間で拡大することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]