マルチアクセスエッジコンピューティングの市場規模、2027年に167億米ドル到達予測

マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR39.1%で成長し、2027年には167億米ドルに達すると予測されています。マルチアクセスエッジコンピューティングは、ITサービスやクラウドコンピューティングの可能性を、ネットワークのエッジに近づけて利用するエッジコンピューティングの一種です。データ全体をクラウドに転送して処理するのではなく、ネットワークのエッジでデータの保存、処理、検査を行うことができ、処理後、生成されたデータは、インダストリー4.0やコネクテッドカーなどの高帯域アプリケーションを中心に、リアルタイムのパフォーマンスを提供するのに役立ちます。

ITサービスやクラウドコンピューティングの環境では、広帯域、超低遅延、無線ネットワーク情報へのリアルタイムアクセスが可能です。ソフトウェアアプリケーションは、マルチアクセスエッジコンピューティングにより、ローカルアクセスネットワークの状況に関連したローカルコンテンツや、リアルタイム情報を得ることができます。マルチアクセスエッジコンピューティングは、データを中央のクラウドに送るのではなく、顧客に近いところで直接処理することで、ネットワークの混雑を緩和するという基本原理に基づいています。そのため、さまざまなアプリケーションやサービスを保持するための分散コンピューティング機能を提供しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、世界中のほぼすべての産業にマイナスの影響を与えました。米国および世界のハイテク市場は、2020年に大幅な減速を目の当たりにしました。これにより、米国などの主要国は、2020年前半にICTへの投資を引き下げており、今後のマルチアクセスエッジコンピューティング市場の成長にマイナスの影響を与えることが予想されます。また、システムインテグレーションサービスや技術コンサルティングへの支出も一時的に減速しています。

一方で、さまざまな業界の企業が、パンデミック時に役立つマルチアクセスエッジコンピューティングの価値と利点を認識しつつあります。そのため、来年は、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを拡大し、ITやクラウドへの投資を積極的に開始する企業が出てくることが予想され、マルチアクセスエッジコンピューティング市場に有利な機会をもたらすと考えられます。

市場成長の要因

低レイテンシーに対する需要の高まり

マルチアクセスエッジコンピューティングは、企業、産業、一般消費者向けの遅延に敏感なアプリケーションや、サービスの重要な要素である低遅延通信と超高信頼性のために、頻繁に利用されています。5Gサービスとマルチアクセスエッジコンピューティングの統合は、ネットワークの遅延を減らし、4Kビデオのようなサービスの通信とパフォーマンスを促進するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]