バーチャルイベントプラットフォームの市場規模、2027年に200億米ドル到達予測

バーチャルイベントプラットフォームの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR11.3%で成長し、2027年には200億米ドルに達すると予測されています。バーチャルイベントプラットフォームは、オンラインイベントの戦略、プロモーション、実行を目的としたさまざまなタイプのツールを統合したものです。これらの製品は、ライブイベントと同じような感覚や価値を、デジタルの助けを借りて提供することで、ビジネスを促進するために作られています。したがって、バーチャルイベントプラットフォームとは、トレードショー、アソシエーションミーティング、ジョブフェア、マルチセッションカンファレンスなど、様々な種類のオンラインイベントを管理・開催するためのソフトウェアソリューションを指します。

バーチャルイベントプラットフォーム市場の成長の要因としては、対面プレゼンテーションに代わるオンラインストリーミングの人気の高まりや、中小企業におけるクラウドサービスの普及、視聴者層の拡大を目的としたデジタルメディアマーケティングプラットフォームの採用の増加などが挙げられます。さらに、これらのソリューションは、顧客情報収集の精度を高め、ビジネスをリモートワークのアプローチに移行することで、バーチャルイベントプラットフォーム市場の成長を加速させています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、バーチャルイベントプラットフォーム市場にポジティブな影響を与えています。このパンデミックの影響で、従来のイベントからバーチャルイベントへの移行が進んでいます。また、遠隔地での仕事が増えたことにより、ビジネスがクラウドに移行し、市場の成長を加速させる結果になりました。多くの企業が、ビジネスの継続性を確保するために、会議やカンファレンス、物理的なイベントを回避するためのデジタルプラットフォームを探しています。

リモートでもオフィスでも場所を問わず、オンラインでの会議やミーティングは、バーチャルイベントプラットフォームの導入により、ビジネスに不可欠な情報へのアクセスを可能にします。顧客により良い体験を提供するために、多くのエンドユーザー企業が、必要な予算を確保してこのソリューションに投資しています。

市場成長の要因

コミュニケーションプラットフォームへの需要

COVID-19パンデミックの結果、対面での会議ではなく、バーチャルなコミュニケーションプラットフォームの必要性が高まっています。オンラインミーティング、ビデオ会議、ライブチャット、ビデオコールなどは、リアルタイムで情報を共有できるバーチャルイベントの一例です。ロックダウンの制限や遠隔地での作業のために、顧客サービスを向上させ、日常活動上の問題を克服するために、企業はバーチャルイベントプラットフォームを利用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]