玩具・ゲームの市場規模、2027年に4690億米ドル到達予測

玩具・ゲームの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR6.2%で成長し、2027年には4690億米ドルに達すると予測されています。玩具・ゲームは、人形、自動車、なわとび、ジグソーパズル、ボードゲーム、ガラガラなど、さまざまな形やデザイン、品質で市場に出回っている娯楽品で、その本質的な価値から、子供の全体的な発達に役立ちます。同時に、子供たちの創造性を高め、感情を表現するのにも役立ちます。それはストレス解消の役割を果たし、身体的、社会的、認知的なスキルを高めることができます。ここ数年、多機能でインタラクティブな玩具やゲームの人気が高まり、同市場の成長が加速しています。

また、アニメや映画、テレビ番組の人気キャラクターをモチーフにした玩具やゲームの販売が増加しており、市場の成長に寄与しています。可処分所得の急増や人口の増加も、市場の成長を促進する要因の一つと考えられており、子供だけでなく、年配の消費者も、アクションフィギュアやアクセサリーなどを中心に、玩具・ゲームの販売を増加させると予想されます。知育玩具や科学玩具の人気も高まっており、環境に優しい玩具の需要や、無料で遊べるゲームの利用が進んでいることなども、玩具やゲームの市場を拡大しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、各国政府が課したロックダウンや社会的距離を置く規範は、多くの国の経済を衰退させました。これらの要因は、玩具・ゲーム市場の成長を妨げる要因にもなっています。加えて、旅行に対する厳しい規制のため、製品の製造や供給も減速しています。

一方、高所得者層と中間所得者層の増加により、玩具・ゲーム市場の成長が見込まれています。このような状況は、主要なプレーヤーにとって、様々な家庭用製品を紹介するための有利な機会となっています。パンデミックの時期には、オンラインショップでの販売により玩具・ゲームの売上が伸びました。一方で、子供向け映画の公開が遅れたことは、玩具・ゲーム市場の成長を大きく制限する要因となりました。

市場成長の要因

テクノロジーの影響によるビデオゲームの人気上昇

最新のテクノロジーにより、人々はスマートフォンやハイテク機器、そしてインターネットに依存するようになりました。多くの人がビデオゲームに夢中になっていることから、ベンダーはここ数年、定期購入モデルを導入しています。さらに、進化したバーチャルリアリティ製品、ビデオゲームトーナメント、ビデオコンテンツへの消費者支出は、成長し続けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]