牛脂脂肪酸の市場規模、2027年に1,378億米ドル到達予測

牛脂脂肪酸の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR11.3%で成長し、2027年には1,378億米ドルに達すると予測されています。牛脂脂肪酸は、主にウシの脂肪などの動物性脂肪から得られる脂肪酸のグループに属しており、パルミチン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸などの飽和脂肪酸と、リノール酸、パルミトレイン酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸の組み合わせでできています。牛脂など動物性脂肪は、まず牛脂脂肪酸を得るために加水分解されます。

高齢化社会の進展に伴い、医薬品や薬剤などのヘルスケアサービスの需要が高まっており、牛脂脂肪酸市場の成長を加速させています。また、製造業における需要の急増や潤滑油の生産増加なども、市場成長の大きなチャンスになると考えられます。さらに、自動車産業における効率的部品製造のために潤滑油の需要が高まっていることや、メーカーによる化学産業への投資の増加も、市場の成長を後押しすると考えられます。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、100カ国以上に広がり、世界中で多くの人が亡くなりました。また、観光業、金融業、製造業などの産業は、このパンデミックで大きな損失を被りました。さらに、各国政府の渡航制限により、サプライチェーンにも支障をきたしました。

牛脂脂肪酸市場も、このパンデミックの影響を受け、パーソナルケア製品、石鹸、洗剤などの様々なFMCG(Fast-Moving Consumer Goods)製品の需要が減少したため、市場の成長も鈍化しました。さらに、パンデミックの間、製造が中止されていたため、繊維、ゴム、油田、その他の産業における牛脂脂肪酸の需要も減少しました。

市場の成長要因

牛脂脂肪酸の高い栄養価

消費者は、ビタミンやタンパク質の吸収を助ける健康的な食品や製品を好む傾向にあります。牛脂は、栄養素の吸収に役立つだけでなく、健康面でも多くのメリットがあります。牛脂には、A、D、E、K、B1などの栄養素が豊富に含まれており、その上、免疫力を高める効果もあります。牛脂のような加工されていない脂肪は、免疫系を強くする脂溶性ビタミンの吸収を容易にします。

多くの産業における需要拡大

世界的な人口増加に伴い、食品・飲料やパーソナルケアの需要が高まっています。食品・飲料の消費量の増加は、牛脂脂肪酸の需要を高めています。パーソナルケア業界で、牛脂脂肪酸はシェービングクリームやその他ジェルの製造に使用されています。可処分所得の増加と消費者のパーソナルケアに対する衛生意識の高まりが、同市場の成長を促進すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]