サプライチェーンセキュリティの市場規模、2027年に13億米ドル到達予測

サプライチェーンセキュリティの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR6.9%で成長し、2027年には13億米ドルに達すると予測されています。サプライチェーンセキュリティは、サプライチェーンマネジメント(SCM)の構成要素であり、ベンダー、外部サプライヤー、輸送、物流などのリスクを低減することを重視しています。その目的は、バリューチェーンやサプライチェーン、物流システム、商品の輸送のセキュリティを向上させることです。

サプライチェーンセキュリティは、従来のサプライチェーンマネジメントの手法にセキュリティ要件を統合し、盗難、テロ、海賊などの問題や脅威を回避することを目的としており、その採用は、自社をあらゆる問題から守るために不可欠になっています。サプライチェーン攻撃の増加、身代金の増加、リスク予測の改善要求、サプライチェーンにおけるIoTデバイスの増加、自動化技術の過度な導入などが、サプライチェーンセキュリティ市場の需要を押し上げています。

クラウドベースのサプライチェーンマネジメントソフトウェアを導入する企業数の増加、医療・製薬企業におけるSCMの導入、企業の管理ソリューションに対する需要の増加、産業グレードのデジタル技術の開発、サプライチェーンの可視化に対する要求の高まりなどにより、サプライチェーンセキュリティ市場は拡大すると予想されています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、企業だけでなく、生活や社会のあらゆる側面に影響を与えています。インターネットによるコミュニケーションは、ビジネスの管理や運営において重要な役割を果たしており、企業のデジタル化への絶好の機会となりました。このような状況下で、企業はインテリジェントなワークフローによって世界中のサプライチェーンのリスクを最小限に抑えることを余儀なくされています。また、サプライチェーンは、多くのサプライヤーが世界に散在して、貿易のエコシステムを相互接続しているため、極めて複雑です。

パンデミックの際のデジタル化に伴い、企業はサイバー攻撃者からデータを守るために、サプライチェーンセキュリティソリューションやサービスを導入しています。パンデミックによるサプライチェーンの混乱は、同市場にマイナスの影響を与えているものの、企業のデジタル化が進んでいることから、サプライチェーンセキュリティソリューションの需要は増加すると思われます。

市場の成長要因

サプライチェーン攻撃やランサムウェアの増加

パンデミックにより、ランサムウェアが世界的に増加しています。犯罪者たちは、パンデミックの深刻さをよく理解しており、この状況を最大限に利用して、ランサム攻撃で情報を入手しようとしています。サイバー犯罪者の多くは、巨額の資金を要求して、組織に対応を迫っています。

サプライチェーンにおける可視性の高まり

技術は絶えず進化しているため、成功に必要な知識、能力、およびデータを取得することは容易ではありません。 一方で、人工知能、IoT、機械学習などの技術を採用することで、サプライチェーンの透明性が増し、製品の卓越性を高め、新しい製品とサービスの市場投入までの時間を短縮することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]