学生情報システム(SIS)の市場規模、2027年に187億米ドル到達予測

学生情報システム(SIS)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR14%で成長し、2027年に187億米ドルに達すると予測されています。学生情報システムは、教育機関が学生の情報を収集、整理、分析するために使用する情報管理システムの一種であり、学生全体をまとめて管理することを可能にします。SISは、学生・教員向けのバックオフィスの管理機能を幅広くサポートしており、見込み学生、志願者、入学時のコース登録、成績や成績証明書など、学生のライフサイクル全体を通して主要な情報資産を管理します。

教育機関や政府は、教育に多額の資金を投入しています。教育機関によっては、ERP、eラーニング、LMS(Learning Management System)、スマートエデュケーションなどの最先端のソリューションを導入し、教育の質を確保しながら内部プロセスを改善しています。さらに、eラーニングの水準を向上させるための様々なプログラムも実施されています。教育機関はSISを導入することで、学生、保護者、教員などの関係者と効果的に連携・コミュニケーションを図り、学生情報を把握します。また、学生の学習ニーズに合わせた教育コンテンツを作成することで、全体的な学習体験の向上を目指します。

COVID-19インパクト分析

COVID-19パンデミックは、世界各国の教育関係者に大混乱をもたらしました。継続的なロックダウンの結果、学校や大学は予定されているカリキュラムやテストを継続するために、オンラインの代替手段を採用し始めています。このような状況の中、ネットワークインフラやインターネットが十分に普及している国では、学生情報システムが増加すると予測されています。しかし、既存の方法に比べて、このシステムが対象とする教育機関が少数なため、新興国などではコストが障害となり、市場機会の損失につながる可能性があります。

オンライン教育への需要が高まっていることから、COVID-19パンデミックが業界にプラスの影響を与えると予測されます。ユネスコのデータによると、2020年3月には全世界で13億人の学生が教育機関に通えず、2020-2021年度の授業を完了するためにオンライン教育を必要としています。COVID-19の発生時には、eラーニング技術が多く導入されましたが、将来的に備えて、パンデミック後も同市場の成長が予測されています。

市場の成長要因

教育産業の隆盛が学生情報システムの需要を押し上げる

学生情報システムは、学生や教職員がキャンパス内で業務を行う際に、現代的で直感的な操作性の実現を支援するシステムです。また、データサイロや紙ベースのプロセスを排除し、ワークフローを自動化することで業務効率を向上させ、新たな収益源の特定や不採算プログラムの排除により、財源を維持することができます。

学生関連活動の効率的な管理

学生情報システムは、教育機関における学生間の規律を推進します。学生と管理者は、フォローアップや先々ことのために、簡単にコミュニケーションをとることができます。学生情報システムは、各学生の賞や業績を含む、課外活動の記録を残します。また、教育機関が学生の出欠を記録し、その記録に詳細を加えることを可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]