不動産管理ソフトウェアの市場規模、2027年に41億米ドル到達予想

不動産管理ソフトウェア(PMS)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 5.4%で成長し、2027年には41億米ドルに達すると予想されています。ここ数年、不動産管理ソフトウェアソリューションは、手動から自動管理へと移行しています。

不動産管理ソフトウェアシステムは、自動化された不動産管理ソリューションによって強化され、ヒューマンエラーが減少し、サービスの中断なく、不動産管理者が効率的に仕事を割り当てることができるようになりました。自動PMSの利点は、オーナーやテナントからの苦情や不満の対応にかかる時間を短縮できることです。さらに、コミュニケーションギャップの低減、書類や契約書の保管・リース、家賃回収プロセスの簡素化、財務状況の把握などにより、不動産管理手続きを簡素化することができます。

同市場では、不動産管理ソフトウェアプロバイダーによるSaaS(Software as a Service)を構成するウェブベースのサービスの需要が高まっていることから、PMSの需要が増加すると予測されています。SaaSを利用したPMSは、建物のメンテナンス、会計、テナントやリースの追跡といった日常業務の管理を支援します。このソフトウェアは、一人の担当者がすべての物件を見ることができる一元化されたプラットフォームを提供し、テナントの要求への対応やメンテナンス作業など、その他の物件関連機能の監督を可能にします。また、オンラインでの文書共有・保存、財務報告、アカウント機能、他のアプリケーションとの統合バンキング、電子賃貸借契約、メンテナンス依頼・追跡などの機能も備えています。

COVID-19の影響分析

COVID-19の発生により、多くの企業で混乱が生じています。事業や生産の縮小を経験した業界もあれば、移動の制限や事業の停止といった厳しい結果に直面した業界もありました。また、不動産業界では、一挙に上昇と下降を繰り返しました。パンデミックの初期段階では、不動産物件のオーナー、マネージャーおよび企業の最大の関心事は、訪問者や入居者の安全を確保し、政府の規則や規制を厳守することでした。これらの要因が不動産物件の売上減少につながっています。また、学校、大学、事務所などの閉鎖が続き、企業では在宅勤務制度が導入されています。一方、不動産管理者は、スマートフォンやAI対応の不動産管理ソフトなどの自動化ツールを提案し、利用する機会を得ました。AI対応ツールの機能は、Wi-Fiを通じてデータを収集し、リードに自動的に対応することです。このことが、顧客サービスの向上と運用リスクの低減につながりました。

市場の成長要因

不動産への投資の急増

商業用不動産への投資が増加した主な要因は、商業分野の建設活動が活発化したことに起因しています。資本の流れ、人材の進化、PropTechプラットフォーム、サイバーリスク管理、テクノロジーの影響などのいくつかの要因が、商業用不動産への投資を強化すると予測されます。不動産投資を促進する主な要因は、遠隔地にいても一元管理により効率的に不動産を管理できることです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]