倉庫運用管理システムの市場規模、2027年に25億米ドル到達予測

倉庫運用管理システム(WES)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR12.3%で成長し、2027年には25億米ドルに達すると予測されています。物流センター内で行われるすべての手順を制御・管理するソフトウェアソリューションを、倉庫運用管理システムと呼びます。WESはリアルタイムで動作し、デバイス、物流機器、従業員などのすべての倉庫リソースをシーケンス、管理、調整します。また、WESはオーダーが連続する流れの中で移動するように考えられており、プロセスの一部分で状況が変化した場合、システムは作業の優先順位を変更し、配送までの流れを加速させます。

さらに、WESソフトウェアは、企業がシーケンスを管理し、人やオートメーションシステムを含むDC(ドメインコントローラー)リソースを制御することを可能にします。これらのリソースは、倉庫やDCで商品を動かすために非常に重要なものです。この動きには、入荷した商品の受け取り、チェック、保管場所への配置、ピッキング場所の交換、保管場所への収納、顧客からの注文のピッキング、チェックと梱包、注文の組み立て、積み込み、出荷などが含まれます。また、WESはリアルタイムに動作するため、作業エリアや工程の状況が変化した時、他のエリアおよび上・下流の手順に対応できるよう、倉庫内の要素をコントロールすることができます。

シリコン光電子増倍管は、新興国で医療および自動車分野を中心に高い普及率を示しています。シリコン光電子増倍管の技術的進歩は、同市場の成長に深くかかわっており、その主要メーカーであるOn Semiconductor、TE Con​​nectivity、Broadcomなどは、費用対効果が高い、技術的に高度で安全な製品やソリューションの開発に投資しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、消費者の行動はオンラインチャネルに急速にシフトしました。オンライン需要は、必需品、食品・飲料、医薬品などの多くのカテゴリーで高まり、高度な非接触型フォーマットで提供されています。これにより、3PL、Eコマース、FMCG業界の成長がさらに加速しています。さらに、製品のオンライン需要により、倉庫に対する需要も急増しています。複数の多国籍企業が、この需要増加に対応するために、最新の倉庫を建設しています。これにより、3PL(サードパーティロジスティクス)業界や電子商取引における倉庫管理システムの需要が高まっており、Alibaba、Amazon、eBayなどの電子商取引の大手企業は、世界中に新しい倉庫を建設しています。

コンポーネント別の展望

コンポーネント別に、市場は、ソフトウェアとサービスに分類されています。倉庫運用管理システムには、倉庫管理システムと倉庫制御システムの上位コンポーネントが含まれているため、倉庫内の可視性を高めるのに役立ちます。エンドツーエンドの可視性を高めるこれらの機能には、在庫管理、補充管理、入出庫管理、モバイルスキャナの統合などが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]