スマートディスプレイの市場規模、2027年に151億米ドル到達予測

スマートディスプレイの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR22.1%で成長し、2027年には151億米ドルに達すると予測されています。スマートディスプレイとは、音声リモート機器やIoT(Internet of Things)接続機器で操作できる、デジタルディスプレイを意味します。例えば、スマートミラーは、自動車や小売の分野において、ユーザーの個人情報や買い物の経験を記録することができる革新的なデバイスです。また、最先端の技術的ソリューションであるスマートは、インタラクティブで高度な制御機能を備え、常に進化し続けています。

スマートディスプレイ市場の成長を促進する主な要因の一つは、コネクテッドカーの需要が高まっていることです。自動車の安全性、利便性、快適性の向上に対するニーズが急速に高まっており、これがスマートディスプレイ市場の成長を後押ししています。しかし、高機能なスマートディスプレイのコストが高価であることや、サイバーセキュリティへの懸念が市場の成長を妨げています。

同業界は、消費者向け電子機器アプリケーションにおける機能に牽引されると考えられます。パナソニック、LG Display、Samsung 、ソニー、Lenovoなどの企業は、世界的な事業展開と顧客基盤を拡大するために、製品ラインの拡充や、合併・提携などの無機的な手法を採用することに常に注力しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、世界の製造業や産業界に大きな影響を与えています。多くの国で部分的または全体的なロックダウンが実施されていることで、スマートディスプレイ市場における開発ペースも低下傾向にあります。産業が一時的に停止したことにより、多くの分野でメンテナンス需要が減少しています。

解像度別の見通し

市場は、解像度別に、HD & FHDとUHDに分類されます。2020年はHD &FHD部門が市場をリードしました。一方、2021年~2027年にかけては、UHD部門が高い市場シェアを獲得すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]