シリコン光電子増倍管(SiPM)の市場規模、2027年に1億9,080万米ドル到達予測

シリコン光電子増倍管(SiPM)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 7%で成長し、2027年には1億9,080万米ドルに達すると予測されています。シリコン光電子増倍管は、低光信号の単一光子レベルへの測定の問題を解決する光検出器を指します。また、光電子増倍管の低照度認識能力と固体センサーの利点を統合した光電子増倍管の代替品として一般的に使用されています。

この光検出器は、機械的強度、低電圧動作、磁場に対する非感受性、応答の優れた均一性などの多くの機能も備えているため、医療画像、危険および脅威の検出、LiDARなどの多くのアプリケーションに適しています。また、シリコン光電子増倍管の光検出効率は、波長と素子に依存するものの、従来のシリコン光電子増倍管と同様に、20~50%となっています。

これらのシリコン光電子増倍管は、新興国、特に医療や自動車分野で高い普及率を示しており、その技術的進歩は、市場の急成長に貢献しています。On Semiconductor、TE Con​​nectivity、Broadcomなどの主要なシリコン光電子増倍管メーカーは、コスト効率が高く、技術的に高度で、より安全な製品やソリューションの開発に投資しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、特に電子・半導体産業に大きな影響を与えています。各国政府が課した、渡航禁止、全国的な封鎖、製造装置の一時的な停止などの規制は、すべてのビジネスセグメントに影響を与えています。さらに、ロックダウンにより世界的なサプライチェーンが乱れ、製造業者は顧客への対応に苦慮しています。この危機は、企業の信頼性低下、株式市場の不確実性、サプライチェーンの混乱、そして顧客層のパニックを引き起こしました。

この状況は、多くの電子機器や半導体製品の製造を制限することになり、シリコン光電子増倍管市場に悪影響を及ぼしました。さらに、欧州地域全体の大規模な製造中止や、中国製部品の輸出中止が、今後の同市場の成長を妨げる要因になると考えられます。

タイプ別の見通し

市場は、タイプ別に、NUV SiPMとRGB SiPMに分けられます。シリコン光電子増倍管はその用途によって技術が異なります。今回開発されたNUV-HD SiPM技術では、マイクロセルは電気的絶縁を提供する深いトレンチによって切り離されています。 トレンチには、シリコンのさまざまな屈折率のために二酸化ケイ素が詰め込まれているだけでなく、マイクロセル間の部分的な光学的分離も実現します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]