プロダクトアナリティクスの市場規模、2027年に297億米ドル到達予測

プロダクトアナリティクスの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR20%で成長し、2027年には297億米ドルに達すると予測されています。プロダクトアナリティクスとは、専門的なビジネスインテリジェンス(BI)や分析ソフトウェアを指します。業界では、一般的な理解を得るために、製品に関連するユーザーエクスペリエンスに注目しており、製品分析の導入が急増すると推測されます。

プロダクトアナリティクスは、製品の返品、顧客からのフィードバック、保証書、接続されたセンサーからの情報、サービスレポートなどを調査して製品の欠陥を推定することができるため、メーカーにとって非常に有用です。また、製品の使用上のデザインを特定し、あらゆる機会を顧客につなげ、製品開発の将来的な可能性を見出すためにも採用されています。さらに、ソーシャルメディアチャネルからのフィードを組み合わせて、製品に関するフィードバックをモニターする機能があり、企業がサービスや製品を強化するのに役立ちます。

プロダクトアナリティクス市場の成長を促進する主な要因は、人工知能(AI)、機械学習(ML)、ビッグデータ、分析技術などの高度な技術が、製造業などの製品に特化した産業を介して導入されていることです。これに加えて、プロダクトアナリティクスソリューションは、メーカーが消費者のニーズや製品に対する考えを包括的に理解することを支援し、日常のビジネスにおいて迅速な意思決定を行い、強化された実装を提供します。マネージドプラットフォームやクラウドベースの分析ソリューションへの需要の高まりは、同市場に有利な成長機会をもたらします。一方、機密データに関する懸念が高まっていることは、市場の成長を妨げる要因となります。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生を受けて、多くの政府が人工知能による信頼できるソリューションの特定、取得、評価を始めています。人工知能と高度分析は、企業にとって貴重なツールであり、過去のパターンに依存した予測モデルが多い中、リアルタイムで不安定要因を管理することができます。

このパンデミックの際には、人工知能と高度分析の利用が増加しました。これらのツールは、企業が複雑で脆弱なサプライチェーンを管理し、労働者を支援し、デジタルチャネルを通じて顧客を惹きつけるのに役立ちました。同時に、主要プレーヤーは、アルゴリズムモデルのために過去のデータに依存するという、分析戦略の抜け道を認識しています。

コンポーネント別の展望

市場は、コンポーネント別に、ソリューションとサービスに分けられます。今後に大きな成長率を示すのは、サービス分野だと考えられます。これらのサービスは、製品分析ソリューションの迅速かつ効率的な導入に重要な役割を果たし、企業の投資価値を高め、ソリューションを機能させることができます。このようなソリューションの導入が増えることで、マネージドサービスやプロフェッショナルサービスの導入が急増すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]