マルチチャネルにおける注文管理の市場規模、2027年に41億米ドル到達予測

マルチチャネルにおける注文管理の市場規模は、2021年~2027年の間に10.4%のCAGRで上昇し、2027年には41億米ドルに達すると予測されています。マルチチャネルにおける注文管理ソリューション(MOM)とは、様々なタイプの小売業者が自社製品を販売し、オンラインビジネスを強化することを目的に開発された企業間取引用のプログラムを指します。マルチチャネルは、様々なチャネルからの注文を同じ種類のリストにまとめ、コストの変動時にはすべてを最新コストに変更して手配することを支援します。それに加えて、オンラインマーケット、協会、主に小売店の絶え間ない進歩により、大規模な情報調査、コンピューターストア、分散コンピューティング、Webベースのメディア企業などの独自のイノベーションが出現しています。 さらに、このプロセスは、より多くの顧客を引き付けるのに役立ち、既存の顧客ベースを増やします。世界のマルチチャネルにおける注文管理市場の導入率は、発展途上国での小売販売やオンラインショッピングの大幅な増加により高まっています。企業の拡張性への要求は、より軽快で柔軟なものになってきており、その結果、マルチチャネル販売が常に増加しているため、企業内にその導入の必要性が高まっています。マルチチャネルにおける注文管理は、従来のソリューションに比べて低コストであることからも、その需要は急速に高まっています。

COVID-19の影響分析

COVID-19ウイルスは、世界中で急速に広がりながら波及しました。一定の地域で発生した流行や輸送の遅れは、世界規模で悪影響を及ぼし、倉庫の閉鎖や供給の完全停止および遅延などの事態を引き起こします。急速に広がるウイルスにより、世界のサプライチェーンはそのペースを維持するのに苦労しました。

COVID-19パンデミックは、最近のEコマースの需要のきっかけとなりました。そのため、オムニチャネルの流通も大きく発展し、倉庫は、小売店向けのフルケースから最終顧客向けのピッキングに変わり、複数の配送方法に対応する必要が発生しました。

オムニチャネルとは、店舗、オンラインのどこにいても商品の購入ができ、自宅への配送、店舗での受け取り、カーブサイドピックアップなど、顧客が望む場所に商品を届けることを可能にします。これには、店頭での返品を含め、商品の返品も含まれます。顧客間での需要は常に高く、COVID-19がEコマースの需要を後押ししていることから、マルチチャネルにおける注文管理のトレンドは今後も長く続くと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]