マイクロモビリティ用充電インフラの市場規模、2027年に141億米ドル到達予測

マイクロモビリティ用充電インフラの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 21.7%で成長し、2027年には141億米ドルに達すると予測されています。世界各国の都市では、交通問題の解決に注力しているため、マイクロモビリティは公共交通機関に代わる効率的な手段として台頭しています。

環境への影響を低減し、交通手段を改善するために、eスクーターやeバイクの導入が進んでおり、今後の市場成長を促進すると考えられます。世界各地で多くの企業がベンチャーキャピタルを募っており、同市場のさらなる可能性が予測されます。

モビリティソリューションの需要が急速に高まっていることから、同市場の需要は拡大すると予想されます。最近、人々は便利で費用対効果の高い移動手段をたくさん持っており、消費者の嗜好は、自動車を所有することから離れ、より便利で代替的な交通手段へと急速に進化しています。充電インフラベンダーは、このマイクロモビリティの状況を収益化することに力を注いでいます。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、市場成長に有害な影響を与えると考えられます。この流行により企業が休業し、人々が家にいることが多くなったため、公共交通機関の需要が減少し、企業の利益は大きく損なわれました。政策の枠組みがなく、一般市民の意識も低いなか、この状況は市場拡大の妨げとなることが推測されます。

COVID-19パンデミックにより、企業は倒産し、何百万人もの人々が職を失い、世界経済は大混乱に陥っています。ロックダウンや外出禁止令はコロナウイルスの抑制に役立ったものの、経済への負担も大きくなりました。自転車、eスクーター、モペットなどの軽量な乗り物を含むマイクロモビリティ業界は、在宅勤務、旅行のキャンセルなどの新しい現実の結果、利用者数と収益の壊滅的な減少に直面しています。

充電器タイプ別見通し

市場は、充電器タイプ別に、有線と無線に分けられます。2020年は、有線セグメントが最大シェアを獲得しました。企業は、より便利な有線式の充電ステーションの設置に力を入れています。eスクーターやeバイクの需要が高まっていることから、有線式充電ステーションの展開拡大が注目されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]