LEDライトエンジンの市場規模、2027年に666億米ドル到達予測

LEDライトエンジンの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR13.4% で成長し、2027年には666億米ドルに達すると予測されています。LEDライトエンジンとは、1つまたは複数のLEDアレイまたは発光ダイオード(LED)と、他の機械的、熱的、光学的、および電気的要素を備えたLEDドライバーの統合されたコンピレーションを指します。このLEDライトエンジンは、効率と寿命の向上を実現する高度な照明技術で、不可欠なコンポーネントです。

ライトエンジンは、標準的なランプの代わりに使用されることが多く、回路基板上に配置されたLEDチップで構成されています。また、大きく分けてランプと照明器具の2種類があり、従来のLEDに比べ、LEDライトエンジンは交流電源に近いため、AC/DCトランスが不要です。

世界中でLEDを光源として使用する傾向は高まっており、エネルギー効率や演色的の基準を満たすために、LEDの使用が必須となっているところもあります。また、LEDライトエンジンには、発光素子のほかに、ヒートシンク、安定した電流を流すためのドライバー、さらには光のパターンに合わせた二次光学系が含まれており、白熱電球とは異なります。これらは、システムのワット当たりのルーメン効率を支えるコンポーネントの一部であり、最適化する必要があります。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、企業や個人を問わず、社会のほぼすべての領域に影響を与えています。このパンデミックは、製造装置の一時的な停止、全国的なロックダウン、輸出入の制限などの影響から、電子・半導体産業に大きな影響を与えています。また、政府の規制により、スマートシティなどのプロジェクトでLEDライトエンジンの使用が制限されています。

封鎖期間中に労働力が確保できないことで、製品の生産が制限され、製品需要を抑制しています。さらに、ロックダウン期間中は、サプライチェーンと需要のギャップも大きくなり、LEDライトエンジン市場の成長は、今後鈍化することが予想されています。

製品タイプ別見通し

市場は、製品タイプ別に、照明器具とランプに分けられます。LED照明システムの中核をなすコンポーネントとして、照明器具のサブセグメントが市場を支配する可能性があります。市場は、消費者の省エネ意識や高効率照明システムの導入が進んでいることから、成長が予測されます。LEDライトエンジンには、用途に応じて、直線状、円形、正方形、長方形など、さまざまな形状やサイズがあります。照明器具のLEDライトエンジンは、最も重要なコンポーネントです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]