人的資源管理の市場規模、2027年に395億米ドル到達予測

人的資源管理(HRM)の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR11.8%で成長し、2027年には395億米ドルに達すると予測されています。人的資源管理とは、組織の人的資産や職場の文化・環境を戦略的に管理することを指します。HRMは、従業員が効果的かつ効率的に会社の目的達成に貢献し、その方向に向かって働くことを奨励します。人事部は、組織の円滑な運営に必要な管理サービス、知識、トレーニング、法律や経営に関するアドバイス、必要なツール、コーチング、タレントマネジメントの監督などを行います。

報告を受けるスタッフの貢献、関与、生産性の向上に責任を持つマネージャーがHRMの下で行う機能は数多くあります。マネージャーは、職場環境の管理に重要な役割を果たし、完全に統合されたタレントマネジメントシステムを実行するための採用プロセスに責任があります。さらに、シニア従業員の育成と維持にも責任を負っています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの発生は、さまざまな業種の組織に大きな影響を与えています。各国政府が旅行禁止、部分的または完全なロックダウン、社会的な距離を置くなどの制限を課し、在宅勤務文化が組織運営の新しい常識となり、プロバイダーは、高度なHRMソリューションを開発するために研究開発に多額の投資を行うようになりました。

先進的なHRMソリューションは、導入が容易で、より効率的に運用できるため、その重要性が高まっています。このソリューションは、企業が遠隔地で働く従業員を管理し、適宜指導するのに役立っています。HRMソリューションプロバイダーは、クラウド上でサービスを提供するために自社のソリューションを更新し、定期的なシステムアップグレードの要件を満たすために努力しています。

コンポーネント別の見通し

市場は、コンポーネント別に、ソフトウェアとサービスに分類されます。ソフトウェア市場は、コアHR、採用、労働力計画と分析、タレントマネジメント、従業員のコラボレーションとエンゲージメントなどに分かれます。従来、企業は従業員のエンゲージメントや人事コンプライアンスを手作業に頼っていたため、効率的なリソース管理ができていませんでした。しかし、人事労務管理ソフトウェアソリューションは、すべての手作業をデジタル化することで、このような問題を対処するのに役立ちます。さらに、HRMソフトウェアソリューションは、在宅勤務モデルであっても、上司が従業員の勤務時間を計算し報酬を管理することができます。また、マニュアル作業を自動化することで、ミスを減らし、効率性を高めるとともに、企業の運営動向を把握するのにも役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]