電子フィルムの市場規模、2027年に119億米ドル到達予測

電子フィルムの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 6.9%で成長し、2027年には119億米ドルに達すると予測されています。電子フィルムは、低摩擦係数、光学的透明性、耐薬品性、耐湿性、導電性、高温耐性、低誘電率、耐紫外線・耐候性、高絶縁性、可燃性、防汚性、電子デバイスの保護など、多くの利点があり、画面の鮮明さを向上させます。これらの電子フィルムの特性は、製品の耐久性や性能を向上させます。電子フィルムが使用される用途は、半導体、電子ディスプレイ、PCBなどです。

半導体、電子ディスプレイ、回路基板などの用途には、電子フィルム技術として電気・電子機器が使用されており、電子フィルムは、表面積が大きいことから、電子ディスプレイ用途に頻繁に利用されています。また、電子フィルムは、薄膜と厚膜に分かれており、厚膜フィルムは主にプリント基板に使用されます。電子フィルム市場は今後も大きな成長機会を得ることが期待されています。

COVID-19の影響分析

電子フィルム市場は、COVID-19のパンデミックにより大きな影響を受けています。様々な地域で、部分的または恒久的なロックダウンが行われたため、熟練労働者や原材料の不足から生産が遅れ、最終的に市場の成長を妨げることになりました。一方で、世界の製造業や産業界では、先進的な電子ディスプレイやプリント基板の導入が進んでおり、電子フィルム市場の成長を後押ししています。

電子フィルムには、PET、ETFE、などがあり、タブレット、スマートフォン、その他の電子機器のディスプレイには、銅フィルムが強く求められています。 さらに、PTEセルは、電子太陽電池ディスプレイや、ほこり、摩耗、熱などの生態学的側面から光学部品を保護し、光の透過率と反射率を向上させるためにも必要です。 市場は、PCB、電子ディスプレイ、および半導体のメーカーからの非導電性フィルムの高い需要により成長しています。また、2020年までに中国で5Gが展開され、デジタルサイネージが採用された結果、最終的には電子ディスプレイとプリント基板の需​​要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]