電流センサーの市場規模、2027年に20億米ドル到達予測

電流センサーの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 8.1%で成長し、2027年には20億米ドルに達すると予測されています。電流センサーとは、電線や導体に流れる電流を検出し、その電流に比例した信号を作成する機能を持つデバイスを指します。この信号は、電流、デジタル出力、アナログ電圧のいずれかの形で出力されます。電流センサーは、クローズドループとオープンループの2種類のループに分類され、フラックスゲート、ホール効果、ロゴスキー効果などの技術が使われています。電流センサーの用途は、自動車や家電製品など、さまざまな産業分野で見られます。また、電流の直接経路に抵抗を採用することで、電流の流れを監視し、電圧の低下を測定することができます。電流検出回路は、測定対象となる電流の流れに応じて、電圧出力または比例電流を発生させます。

電流センサー市場の成長は、データセンターにパワーマネージメントシステムを導入するケースが増え、電力消費を抑えながらスピードと効率を高めることができるようになったことに起因しています。電流センサーは、UPSシステムやインバーターなどのバックアップ電源システムと統合されており、充電中のバッテリーを保護し、効率を高めることができるため、データセンターでの需要拡大につながっています。さらに、政府はデータセンターの消費電力をコントロールするためのルールを実施しており、電流センサー市場の成長を後押しする重要な要因となっています。

COVID-19の影響分析

COVID-19の発生は、半導体およびエレクトロニクス産業の研究開発活動に深刻な影響を与え、世界各国の多くの製造施設が閉鎖されることになりました。また、原材料の不足により、センサーメーカーの生産能力が低下し、サプライチェーンに混乱が生じています。現在のセンサー業界は、過去10年間におけるハイブリッド車や電気自動車の製造増加、ビルディングオートメーション分野の拡大、家電製品への投資の増加などにより、目覚ましい成長を遂げています。COVID-19パンデミックの発生は、この市場の需要と供給の両方を制限しました。しかし、産業界がこの影響を克服すれば、市場は新たな成長の勢いを見せると予想されます。一方、経済状況が定まらないことや、電気自動車の普及率の低下により、消費者の購買力が低迷していることが、現在のセンサー市場の成長を制限しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]