自動車用デジタルコックピットの市場規模、2027年に321億米ドル到達予測

自動車用デジタルコックピットの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR6.9%で成長し、2027年には321億米ドルに達すると予測されています。デジタルコックピットシステムは、モビリティ市場の変化に伴い、ドライバーに高度な機能や性能を提供し、エンターテインメント性を向上させます。自動車分野における、デジタルコックピットとは、OEMがアナログ計器クラスターの課題に対処するためのデジタルインターフェースを指します。

この技術は、複数のスクリーンや入力手段を備え、車内でのデジタル体験を提供するものです。自動車のOEM、サプライヤー、デジタルインターフェースには完全な自由があり、リアルタイムデータの適切な例を提供することができます。また、デジタルインターフェースは、ADASのような様々な安全志向の機能へのサポートも提供しています。

自動車用デジタルコックピット市場は、今後、コネクテッドカーが増加することで成長します。現代の自動車には多くの電気部品が搭載されています。さらに、この技術は、IoT、コネクテッドカーの安全性と遠隔診断、テレマティクス、情報、ナビゲーションの使用の増加など、さまざまな新しい技術の採用により、人気が高まると思われます。

最新技術によるシステムの開発は、企業がより良いパフォーマンスのために自動車に実装する動機となっています。乗客の安全性、自動車生産台数の増加、高度なユーザーエクスペリエンスへの要求、電気自動車の販売増加などが、世界各国の自動車市場を活性化させる要因となっています。自動車のデジタルコックピット市場は、OEMメーカーが最先端の機能の一つとして推進していることや、中価格帯やエコノミーセグメントの乗用車に採用されていることから、人気が高まっています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、自動車販売台数が減り、同市場の成長率は低下しました。一方で、車載テレマティクス、インフォテインメントシステム、安全・汚染センサー、ナビゲーション、モノのインターネットなどの利用が増加していることで、自動車用デジタルコックピットソリューションの需要を増やす要因となっています。さらに、新興国や先進国を中心に、車両の快適性、安全性、利便性の向上に対するニーズが高まっていることも、今後の市場拡大を後押しすると考えられます。また、自律走行技術の導入が進んでいることや、高級車・ハイエンド車の分野が発展していることも、市場の拡大に寄与すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]